売ろうかなと思ったら

相続税とは。計算方法や税率、申請方法について知って得する情報をまとめました。

「相続」と聞くと、遺産ががっぽりと手に入るのに対して支払わなければならない相続税も多く、時には「赤字」になってしまうなんて話を聞いたこともあるでしょう。相続税とは具体的にどのような相続が行われた際にかかる税金で、いくらほどかかるのかを知るための計算方法はあるのでしょうか。いざ相続をする際に役に立つ情報をまとめていきます。遅かれ早かれ「相続」は必ず関与してくる問題です。他人事と思わずにチェックしてみてください。

相続税がかかるの?かからないの?

親や配属者から譲り受けるものすべてに相続税がかかってしまっては、もう何も受け取れなくなってしまいますよね。そもそも相続税とは、どのような場合にかかる税金なのでしょうか。相続税がかかるものがあるのであれば、相続税がかからないものもあるのでしょうか?そして、かからないものがあるのであれば、どのような場合には相続税がかからないのでしょうか?はじめに、相続税がかかる場合とそうでない場合についてまとめていきます。

相続税がかからない場合

親や配偶者の遺産を相続するためには、必ず相続税がかかると思っている方も多いのではないでしょうか。実は、相続税はかからない場合もあるんです。
相続税には基礎控除額というものがあり、この基礎控除額を下回った場合には相続税が発生しません。基礎控除額は以下のように計算します。

3,000万円+(600万円×法定相続人数)

上記の計算であるため、相続人数が1人の場合には正味の遺産額が3,600万円以下だった場合には相続税がかかりません。人数が増えれば増えるほど基礎控除額は上がるため、相続税のかからない遺産が増えます。
さらに、生命保険や死亡退職金なども基準内であれば相続税がかからずに手に入れることができます。これらの場合はそれぞれ500万円×法定相続人数が非課税限度となります。仮に法定相続人が3名いる場合だと、生命保険と死亡退職金それぞれ1,500万円までであれば相続税をかけずに相続できるというわけです。

相続税がかかる場合

上記の通り、相続税とは、人が亡くなった時に遺産を相続した相続人が支払う税金ですが、全員が相続税の対象になるわけではなく、相続税の基礎控除以上の遺産がある場合にのみ発生するということを抑えておきましょう。

相続税のかかる対象物としてはどのようなものがあるかというと主に不動産、金融財産、そしてその他のものです。
不動産は説明するまでもなく被相続人(死亡者)の所有していた土地や建物です。土地と聞くと被相続人の住居をイメージする方も多いかと思いますが、畑、山、駐車場などの土地も相続の対象となります。「そんなところ所有していたの?」と相続のタイミングで知ることもあるでしょう。金融財産は現金に限らず預貯金、株式、投資信託なども含まれます。
その他とは、自動車、家具、宝石等の貴金属、などの細かいけれど価値のある被相続人が所有していたものを指します。
これら全ての価値を合計して、法定相続人へ分配することをが相続です。

かかる場合費用はいくらか、税率は?

相続税がかかる場合、どれほどの費用がかかるのかが気になるポイント。「相続税が高額すぎて相続を泣く泣く諦めた」なんて人もいるため、相当な額になることがすでに予想できているのではないでしょうか。決まった税率があれば、ざっくりとどれほどの金額を相続税として用意しなくてはならないのかのイメージが掴めますよね。事前に覚悟ができていると、いないでは大きな差が生じるでしょう。

法定相続分に応じた取得金額で税率が変わる

相続税は実際に取得した金額で支払い金額が変わります。そのため、「遺産の総額に対していくら」ではなく、「いくら分の遺産を受け取ったからいくら」という考え方になります。控除をすべて適応した遺産の分配後、受け取ったものに対して相続税はかかってくるのです。それでは、いくら受け取ったらどれほどの税率で相続税を支払わなければいけないのでしょうか。下記が取得金額に応じて決められている税率の一覧です。

・1,000万円以下の場合10%
・3,000万円以下の場合15%
・5,000万円以下の場合20%
・1億円以下の場合30%
・2億円以下の場合40%
・3億円以下の場合45%
・6億円以下の場合50%
・6億円以上の場合55%

相続税に関して知っいて得する情報

基本的に、基礎控除のかからないものや、被課税対象の額以上の保険金や死亡保険以外のものに対してはすべて相続税がかかると認識しておきましょう。そして、相続税の税率は相続する遺産額が高額であれば高額であるほど高額になります。そんな相続税ですが、できるだけ節税できるに越したことはないですよね。できるだけ安く抑えたい相続税に関して、知っておくと得するであろう情報をお伝えしていきます。

配偶者の税額減税特例

法定相続人が被相続人の配偶者と子どもの場合と、子どものみが法定相続人の場合でも1名あたりにかかる相続税に違いが生じます。
法定相続人に配偶者が含まれる場合には「配偶者の税額軽減」という相続税を大幅に減税できる特例があります。これは1億6,000万円もしくは配偶者の法定相続相当額(全遺産のうち半分)のどちらか高い金額までは配偶者の相続した遺産分の相続税を免除できるというものです。
例えば、遺産の総額が1億円で、子どもは相続せずすべて配偶者の方が相続した場合、相続された1億円に対しての相続税はゼロ円となります。そして次に、遺産の総額が4億円で、子ども2人と配偶者で相続し、配偶者の方が1億5,000万円を相続した場合、法定相続相当額の2億円を下回っているため、相続税はまたもやゼロ円となるのです。

相続税をなるべく抑えるために活用した控除とは

基礎控除で少なくとも3,600万円までは相続税を免除してもらえることは冒頭でもお伝えしました。基礎控除の他にも「控除」をうまく活用できればもっと免除してもらえる額が増やせるのではないかと考えられます。相続税を減税できる控除がいくつかあるので、ご紹介していきます。

・贈与税額控除
・未成年者控除
・障がい者控除
・相次相続控除
・外国税額控除
・相続時生産課税制度における贈与税額控除

いずれにしても、相続税における申し込みや手続きは工数が多く、かなりの労力が必要です。むやみやたらに申請しようとすると抑えられる金額以上に労力をかけてしまった!なんてことになりかねません。よく他のご家族をご相談をしながら申請を進めましょう。

まとめ

今回は
・相続税がかかるのか、かからないのか
・相続税がかかる場合費用はいくらか、税率はどれほどか
・相続税に関して知っいて得する情報
について記載をしていきました。

相続税とは相続権が生じた際に必ず発生する税金ではありません。どのような時に相続税が発生して、どのように発生しないのか、把握しているだけでも違いますよね。「相続なんて自分は関係ない」と思っている方もいるかもしれません。しかし、「相続」というのは家族がいる方であれば必ずいつかは処理しなくてはならないものです。相続税がいかなるものなのか把握しないでいざその場に直面し、「相続税が払えずに相続権を放棄せざるを得ない!」なんてことにならないよう、しっかりと把握しておきましょう。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法