売ろうかなと思ったら

不動産売却の測量にかかる費用についてまとめました

不動産売却をするにあたり、土地を含んでいる場合には、物件だけでなく土地の価値を合わせた価格で売却活動を進めていかなくてはなりません。土地の価値を確定させるためには、隣接地との境界線がどこなのかを明確にするための確定測量と境界線内の面積を明確にするための地積測量の2つの測量をする必要があります。

測量をするためにはいくら費用が必要なのでしょうか。売却活動の一環として売主が負担するべき測量の費用、そしてそれに伴って他にどのような費用が必要になるのかを解説していきます。

一般的な測量費用

一般的な方が所有している土地の大きさは100坪を超えることはないため、100坪以下の土地を測量する場合と考慮した場合で説明していきます。測量と言っても、どの種類の測量をするのかによって価格は大きく変動します。

・確定測量:60万円〜80万円

・現況測量:35万円〜45万円

確定測量と現況測量でも倍ほどの価格差異があります。

現況測量と確定測量の違い

土地を含んでいる不動産を売却をする場合には、測量をして、所有している土地がどれほどの面積のものなのか、境界線がどこにあるのかをはっきりさせておくことが必要です。そのためにはどの種類の測量をするべきなのかを解説していきます。

・現況測量
現況測量とは対象の不動産の大まかな面積、高さなどを測るための測量です。

・確定測量
確定測量とは、自身の土地と隣接地との境界線を確定するための測量です。

基本的に不動産売却をするために必要になる測量としては、確定測量を選ぶのが一般的です。その理由は、測量をするのは自身のためはもちろん、新しく不動産の所有者となりうる買主の方のためと考えるのが適切だからです。

買主からすると、境界線が決まっていない土地を購入してしまうと、購入した後で「実は土地が言われていたよりも面積がなかった」や「境界線を巡って隣接地の所有者とトラブルになってしまった」なんてことになりかねません。そのため、売主は買主の方の気持ちを考慮して確定測量をしておくことをおすすめします。確定測量をしている土地の方が買主の方からも安心して土地を購入してもらえるため、購入確率も高くなります。

測量は売主の方がすべての費用を負担するのが一般的です。測量は1ヶ月から3ヶ月ほど時間がかかることがほとんどです。測量に時間がかかってしまうとその分売却にも時間がかかってしまいます。そのため、測量が住んでいないようであれば、隣接地の所有者の立ち合いも必要になるため、早めに行動することをおすすめします。

高額になる測量

相場に対して測量が高額になってしまう場合もあります。ただでさえ高額な測量がさらに高額になるのはどのような場合なのでしょうか。測量にかかる費用が高額になってしまうケースを4つ紹介していきます。自身の土地に当てはまるかどうか、チェックしながら読み進めてください。

1:行政の立ち合いが必要な場合
確定測量をする場合、隣接地の所有者の方の立ち合いが必要です。一般の住居であれば、お隣に住んでいる方に立ち合いをお願いするだけでいいですが、公道が隣接している場合には行政の方に立ち合いをしてもらう必要があります。行政の方に立ち合いのお願いをするためには市町村の役所に足を運び手続きをすることから始めなくてはなりません。

しかし、役所に行ってすぐに立ち合いの日程を組めるわけではありません。日程を提示して、役所内で承認がされてやっとアポイントメントを取ることができます。必要であれば数回役所に足を運ばなければいけなかったり、何度も日程調整をしなくてはいけなくなったりなど、時間や費用がかさんでしまうこともあります。

2:土地が広い場合
通常の費用である60万円から80万円という費用は土地の大きさが100坪以下の面積である場合の費用です。確定測定の費用は土地の面積に比例するため、土地が広ければ広いほど費用はかさみます。さらに広い土地である場合、測量をすること自体大変になったり、比較的時間が長くかかってしまったりします。

広いだけでなく、土地の形状が複雑であったり、高低差があったりするなど、測量が複雑化するような土地の測量費用は相場よりも比較的高くなってしまうことを念頭においておきましょう。

3:近隣住人とトラブルがある場合
隣接している土地の住人と何かしらのトラブルがある場合にも、測量費用は高くなってしまうと思っておきましょう。確定測量をするに当たって、隣接地の住人の同意は必須です。どこまでが自身の土地であって、どこまでがお隣の方の土地なのかは土地の価値を決めるに当たって大きなトラブルに発展し兼ねません。

そのため、トラブルになってしまうと、近隣住人の方へ立会いの説得をするのは測量士や土地家屋調査士の仕事です。そのため、説得しなくてはいけないとなると手間がかかり測量費用が高くなります。また、隣人とトラブルの最中に測量をするとなると、行政の方の立ち合い同様、なかなかアポイントメントが取れないような事態が発生することもあります。

4:相続人が多数いる場合
測量は土地の価値を確定するために行うようなものなので、相続時に行うことが多いです。土地を保有している方が1人であれば、その方の同意のみで済むため測量の工程や同意がスムーズにでき、費用を抑えることができます。

しかし、土地を所有する方、すなわち相続人が多ければ多いほど、同意を得なければならない方の人数も増えるため測量費用が高額になります。トラブルがおきやすくなるため、土地に関わる方が多ければ多いほど測量費用は高くなると言っても過言ではありません。

 

その他、押さえておくべき費用を記載

確定測量の費用としては、資料を入手するための費用、測量費用、登記費用の3つだけです。資料を入手するための費用としては役所で申請するための手数料ほどですので大きな金額にはなりません。

確定測量で確定した情報を登記をするための費用としては10万円が相場です。このタイミングで登記しておけば売却する際にもスムーズに土地の価値を提示できるため、登記しておくことをおすすめします。

まとめ

・一般的な測量の費用としては、確定測量:60万円〜80万円、現況測量:35万円〜45万円である

・測量は売主の方がすべての費用を負担するのが一般的である

・相場に対して測量が高額になってしまうケースを抑えておく

・測量で確定した情報を登記をするための費用として10万円ほどかかることにも注意

土地を含む不動産売却をするためには、土地の価値を確定するためにも確定するための確定測量をしておく必要があります。測量の費用は一般的には60万円から80万円ほどです。土地の形状や環境によっては、相場よりも高額になってしまうケースもあります。土地の面積と自身の土地の環境をよく専門家の肩とよく相談し、測量を進めていきましょう。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法