売ろうかなと思ったら

生活感のある自分の不動産を売却するコツ

住んでいる不動産を売却するとなると、どうしても拭いきれないのが生活感。実際の暮らしの雰囲気が感じられるため、必ずしもマイナスイメージが生まれてしまうことはありませんが、売主の立場からすると気になってしまう方も多いのではないでしょうか。生活感のある不動産を売却するコツを説明していきます。

不動産のよくある悩み


不動産売却の悩みは人それぞれです。しかし、住みながら不動産を売却したい方からの悩みでよくあるのが「生活感のある不動産でも売却できるのか」という悩みです。確かに、住みながらの売却となると、内見のたびに生活感を脱ぐ生きるのも難しくどうしても生活感が回見えてしまいますよね。

しかし、住みながら不動産を売却する人も多く、生活感のある状態での売却に挑んでいる方も少なくはありません。

生活感を無くす方法は2つ


どうしても生活感のある不動産をありのままで売却活動をするのが厳しいようであれば、解決方法は2つあります。生活感を取り除いてくれるホームステージングを活用するか、生活感を気にしない買取業者に売却するかの2つです。

ホームステージングを活用

まずひとつ目の方法は、生活感を取り除いてくれるホームステージングというサービスを活用することです。

ホームステージングとは、プロの業者が不動産売却活動を目的として不動産の内装をデザイン、家具のレンタル、配置、撮影まですべてワンストップで対応し、生活感のないおしゃれな不動産を演出するためのサービスです。

無料でやってくれる不動産会社もある

不動産会社によっては、売却サービスの一貫で、ホームステージングをやってくれます。別途料金がかかる場合もありますが、無料で全てやってくれる場合もあるので、「自分の不動産は生活感があるな」と感じる方はホームステージングのサービスがあるかないかを不動産会社選びの基準にしてみても良いかもしれません。

ご自宅の家具のレイアウトを変更してなるべく生活感を抑える方法をとる不動産会社もあれば、1からコーディネートし、家具の貸し出しまでしてくれる不動産会社もあるため、どこまでサポートしてくれるのかは事前に確認しておく必要があります。

ご自身で専門会社に依頼することができる

サービスの一貫でなく、ホームステージングを専門的にしている会社もあります。「こんな雰囲気の不動産として売却活動したい」とイメージがあるのであれば、コーディネートのセンスがイメージに合う専門会社を自ら選ぶこともできます。ホームステージングの会社であれば、会社で手がけた不動産のイメージ画像をホームページに掲載していることが多いので、どのようなイメージが得意そうなのかチェックしてみることをおすすめします。

専門会社に依頼するのであれば、売却活動を進めている不動産会社にどこの企業とホームステージングをするのかを伝え、連携をとるようにしてもらいましょう。

メリット

なるべく早くなるべく高く売却が成立するようにサービスを提供してくれているため、サービスを利用しないで売却活動をするよりも高く売却ができます。売却活動における不動産のイメージ画像が格段に見栄えすることもあり、「高見え効果」も抜群です。「良さそうな物件だ」と多くの方の目に止まるため、売却活動時に「人気の物件で」と一言伝えてもらえるだけで競争率が上がり、値下げをせずとも売却に成功できることも。

デメリット

無料でできるホームステージングもあるので、費用は抑えられます。しかし、コーディネートからレイアウトまでするとなるとどうしても時間がかかてしまうため、ホームステージングを利用しないで売却活動をするよりは売却までに時間がかかってしまうことも。
どうしても急ぎで売却をしてしまわないといけない方だと、スケジュールの確保が難しい可能性もあるので注意が必要です。逆に、スケジュールに余裕のある方であれば「少し時間を取られる」くらいに思っておけば良いでしょう。

買取業者にお願いする


生活感がある不動産がどうしても売れないのであれば、思い切って買取業者に買ってもらうことを考慮しても良いかもしれません。通常の不動産売買の契約は、不動産会社を会しているものの、個人の売主と個人の買主間での契約となります。

それに対して買取業者に買ってもらうということは、不動産会社がのちに個人や法人不動産を売却することを目的として買取をしてくれることになります。個人には購入してもらえない不動産を買ってくれたり、売却活動が必要ないため、どうしても生活感が原因で買い手の見つからない不動産を売却したいのであれば、活用しても良いかもしれません。

残置物の撤去もしれくれる

不動産を個人に売却するには、買主の方がのちに住むこととなるため荷物はすべて売主が責任を持って処分しなくてはなりません。

しかし、あまりにもたくさんある荷物だと、自身で処分するのが大変だったり、中には自身では処分ができない健康状態の方もいるかもしれません。そんなとき買取業者に不動産を購入してもらえれば、残っている荷物はすべて業者側で撤去してくれるため、必要なものだけを持って家を出るだけで済みます。

もちろん、残置物撤去を専門にしている会社もいるので、専門の業者に頼んだ方が安いケースもあります。不動産の買取を業者に依頼したからといって、残置物の撤去も、その不動産会社にお願いするべきとは一概にはいえないでしょう。

 

メリット

買取業者に不動産を購入してもらうためには、業者の方が内見をしていくらで買い取ってくれるのかを査定してもらうのが基本の流れです。個人の買主の方と契約を結ぼうとすると、集客をするために広告を打たなくてはいけなかったり、不動産をより良く見せるための活動をしたり、内見の対応をしたり、交渉をしたり、何かと時間がかかってしまいます。

対して買取業者であれば、交渉が少なかったり、集客活動が必要なかったりするためスムーズに契約まで進むことができます。とにかく早く不動産売却を成功させたいのであれば、買取業者に購入してもらうのが一番早い手段であると言えます。

デメリット

個人では購入してもらえなかったり、残りの荷物をすべて撤去してくれたりするため、買取業者に購入してもらうとなると、通常よりも低い価格で買い取られてしまうことは覚えておきましょう。不動産会社に売却査定をしてもらった価格と、買取査定をしてもらうと金額が大きく異なるため、業者に買取してもらうのであれば、買取査定を別途依頼することをおすすめします。

まとめ

・生活感を無くして売却する方法には、「ホームステイジング」と「業者買取」の2つの方法が存在

・それぞれには、費用と時間に関するメリット/デメリットが存在する

・自分に合った方法を選択し、満足の行く売却を心がける

住んでいる不動産を売却するとなると、どうしても生活感のある不動産になってしまいがち。しっかりと片付けや掃除をしていれば売却活動に支障はありませんが、どうしても気になってしまうようであれば、ホームステージングサービスを活用してなるべく生活感を無くしたり、買取業者にお願いして生活感のあるままの不動産を購入してもらったり、頼る方法はあります。

どちらの方法を採用するかは、事前によく調査をして自身の不動産に適しているものを選択するようにしましょう。

ABOUT ME
Smoola マガジン 編集部
マンションナビを運営する「マンションリサーチ」の「Smoola マガジン」編集部です。不動産売買取引・物件売却における不安を無くしたい!そんな想いからSmoolaマガジンは産まれました。不動産鑑定士・宅地建物取引士・税理士などの不動産専門家による執筆、監修記事を発信します。
初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する