売ろうかなと思ったら

マンションを買い替える際の注意ポイント

買い替えの注意点まとめ

現在住んでいるマンションでは何かと不便を感じた際に、検討することになるのが「買い替え」です。買い替えについての注意点を知るためには、どのような流れで手続きを進めていかなくてはいけないのかを把握しておく必要があります。買い替えの際に「売り先行」か「買い先行」のどちらを選ぶのかによっても流れや注意点は異なります。それぞれどのようなものなのか、どのような流れで手続きを進めるのか、気をつけるべき注意点は何なのかを解説していきます。

マンションの買い替えとは

買い替えとは

マンションの買い替えとは、もともと住んでいた物件を売却し、新居を購入することを意味します。買い替えが必要になる理由は人それぞれですが、代表的なものとしては、家族構成が変わったり、家が老朽化したり、生活環境を変えたかったり、転勤や転職で拠点を変えないといけなかったりなどの4つでしょう。マンションの買い替えには「売り先行」と「買い先行」の2種類があり、どちらの方法を用いるのかによって手続きが大幅に異なります。流れを理解するためにも、まずはそれぞれどのようなことなのかを説明していきます。

売り先行とは

マンションの買い替えにおける「売り先行」とは、もともと住んでいた物件を売却したのちに新居を購入する方法のことを指します。先に売却をするため、新居を購入する際にいくらほど予算があるのかがわかりやすく、資金計画を立てやすいのが特徴です。住宅ローンを二重で支払う心配がないため、比較的余裕を持って売却活動ができます。そのため過度な値下げ交渉に応じる必要がなく、結果的に高額売却が見込めるケースも多いです。

買い先行とは

マンションの買い替えにおける「買い先行」とは、もともと住んでいた物件を売却する前に新居を購入する方法のことを意味します。売却を先に行ってしまう「売り先行」では、どうしても後から新居探しをしなくてはいけなくなるため、仮住まいが必要になります。しかし、買い先行であればもともと住んでいたマンションを売却する頃には新居があるため、生活を安定させながら売却活動に励むことができるでしょう。

  • マンションの買い替えとは、もともと住んでいた物件を売却し、新居を購入すること。
  • 買い替えが必要になる理由で代表的なものとしては、家族構成が変わったり、家が老朽化したり、生活環境を変えたかったり、転勤や転職で拠点を変えないといけなかったりなどの4つ。
  • マンションの買い替えにおける「売り先行」とは、もともと住んでいた物件を売却したのちに新居を購入する方法のこと。
  • マンションの買い替えにおける「買い先行」とは、もともと住んでいた物件を売却する前に新居を購入する方法のこと。

マンションの買い替えの流れ

買い替えの流れ

マンションの買い替えはどのような流れで進めていけば良いのでしょうか。上記で紹介した「売り先行」なのか「買い先行」なのかでもどのような流れになるのかが異なります。売り先行と買い先行、それぞれの流れを紹介していきます。

売り先行で行う買い替えの流れ

マンションの買い替えを売り先行で進めて行く場合、どのような流れで進めていけば良いのでしょうか。

売り先行で行う買い替えの流れ
  1. マンションの売却査定をしてもらう
  2. 売り出し価格を決める
  3. 媒介契約を結ぶ(売却)
  4. 売却活動を始める
  5. 売買契約を結ぶ
  6. 売却したマンションの引き渡しをする
  7. 新居を探し始める
  8. 売買契約を結ぶ(購入)
  9. 購入したマンションを引き渡してもらう

買い先行で行う買い替えの流れ

マンションの買い替えを買い先行で進めて行く場合、どのような流れで進めていけば良いのでしょうか。

買い先行で行う買い替えの流れ
  1. 買い替え先新居を探す
  2. 売買契約を結ぶ(購入)
  3. 引渡しを受ける
  4. マンションの売却査定をしてもらう
  5. 売り出し価格を決定する
  6. 媒介契約を結ぶ
  7. 売却活動を始める
  8. 売買契約を結ぶ(売却)
  9. 売却マンションの引渡しをする

売却に時間をかければかけるほど、二重で住宅ローンや固定資産税を支払う期間が伸びてしまいます。売却は早めに完了させるようにしましょう。また、いくらで売却できそうなのかを新居購入前に査定をしてある程度算出しておくだけで、資産計画が立てやすくなりますよ。

  • 買い替えの流れは「売り先行」か「買い先行」かで流れも変わり、それぞれでメリットとデメリットが異なるため、注意が必要である。

マンションの買い替えの際の注意点

買い替えの注意点

売り先行

  • 仮住まいが必要になる
    売り先行でマンションを買い替える場合には、一時的に住む家がなくなってしまいます。そのため、仮住まいが必要になります。もちろん、住みながらの売却活動をすることもできます。しかし、住みながらだと内覧の際にいちいちスケジュールを合わせたり、掃除をしなくてはいけなかったりして負担に。また売却後、新しい家の購入までももちろん仮住まいが必要になります。引っ越しが2回必要になることも踏まえておきましょう。

【買い先行】

  • 二重でローンを組むことになる
    買い先行で買い替えてしまうと、もともと住んでいたマンションの住宅ローンを完済する前に新しくローンを組むことになります。すでに完済しているのであれば問題はないでしょう。しかし、そうでない場合は二重で住宅ローンを支払わなければいけないことになります。
  • 二重で税金がかかる
    マンションを2つ所有していると言うことは、固定資産税も二重で発生することになります。もともと額の大きい支払いが必要となります。二重で負担するには家計を圧迫してしまうため十分に考慮してください。
  • 資金計画が立てにくい
    売り先行の場合には実際にいくらで売却できたかをわかった上で次のマンションの購入をします。しかし、買い先行の場合にはいくらで売却できるのかが不透明のまま新居の購入をすることになります。資金計画が立てにくい分住宅ローンや固定資産税が家計を圧迫してしまう恐れがあるので、十分に査定をした上で新居を購入しましょう。
  • 売り先行の場合の注意点としては「一時的に住む家がなくなってしまうために、仮住まいが必要になるということ」
  • 買い先行の場合の注意点としては「二重でローンを組むこと必要があったり、税金も二重でかかるケースがあること。さらには資金計画が立てにくいこと」
  • ただし、買い先行は十分に計画を立てれば、上手く費用負担を減らしながら買い替えをすることができるともいえる。

マンションの買い替えの注意点まとめ

マンション買い替えのポイント
マンションの買い替えの注意点の基本
  1. マンションの買い替えとは、もともと住んでいた物件を売却し、新居を購入すること。
  2. 買い替えが必要になる理由で代表的なものとしては、家族構成が変わったり、家が老朽化したり、生活環境を変えたかったり、転勤や転職で拠点を変えないといけなかったりなどの4つ。
  3. マンションの買い替えにおける「売り先行」とは、もともと住んでいた物件を売却したのちに新居を購入する方法のこと。
  4. マンションの買い替えにおける「買い先行」とは、もともと住んでいた物件を売却する前に新居を購入する方法のこと。
  5. 買い替えの流れは「売り先行」か「買い先行」かで流れも変わり、それぞれでメリットとデメリットが異なるため、注意が必要である。
  6. 売り先行の場合の注意点としては「一時的に住む家がなくなってしまうために、仮住まいが必要になるということ」
  7. 買い先行の場合の注意点としては「二重でローンを組むこと必要があったり、税金も二重でかかるケースがあること。さらには資金計画が立てにくいこと」
  8. ただし、買い先行は十分に計画を立てれば、上手く費用負担を減らしながら買い替えをすることができるともいえる。

マンションの買い替えには、もともと住んでいた物件を先に売却する「売り先行」と、新居を先に購入する「買い先行」の2つの方法があります。どちらの方法を用いて買い替えをするかによって流れが異なります。

それぞれ注意点も違うため、どちらの方法で買い替えを進めるかの判断も、どのような資産計画を立てるかで変わってきます。事前に一括査定サイトを使って、今の自分のマンションの価値がいくらになるかを確認してみることをお勧めします

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する