売ろうかなと思ったら

【固定資産税】一戸建てはいくらになるの?相場と安くする方法を解説!

一戸建ての固定資産税の記事のアイキャッチ画像

一戸建ての住居を所有していると課税される固定資産税。固定資産税は一戸建てを所有している限り、毎年必ず支払い義務が生じます。では、この毎年発生する支払いを適切に節税していくには、どうしたら良いのでしょうか。一戸建てを所有している際にかかる固定資産税についてと、納税価格を正しく安くするためにはどのような方法を用いれば良いのかについて、解説していきます。

固定資産税とは

固定資産税とは?のイメージ図

不動産を所有しているのであれば、必ず耳にしたことがある「固定資産税」。そもそも固定資産税とはどのような税金なのでしょうか。また、固定資産税の金額とは、どのように決められているのか、まずは説明していきます。

今回は一戸建てを中心に説明していきます。マンションの固定資産税を詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

一戸建てや土地に課せられる地方税

固定資産税とは、個人や法人が所有している固定資産に対して課税される地方税の一種です。毎年1月1日の時点で所有している資産が課税対象となり、所在の市町村の役所や区役に対して納税の義務が課せられます。

不動産における固定資産税については、土地、一戸建て、マンションのどれを所有しても課税対象となります賃貸を借りている側の場合は、固定資産税の課税はありません

固定資産税は、対象の不動産の固定資産税課税台帳に登録されている方に納税の義務が生じます。毎年役所から通知書が郵送されてくるので、同封されている納税書を用いて支払いを行いましょう。

一般的に支払いは年に4回の分割払いではありますが、役所によっては1年間分の固定資産税の一括払いが可能なことも。固定資産税を支払う際には、納税する役所にどのような支払い方法があるのかを確認することをおすすめします。自分にとって都合の良い支払い方法で固定資産税の納税をしましょう。

また、基本的には現金払いが一般的な固定資産税ではあるものの、役所によってはクレジットカード払い、コンビニ払い、振込払いなど、様々な支払い方法に対応している場合もあります。希望する支払い方法があるのであれば、事前に確認してみると良いでしょう。

  1. 固定資産税とは、個人や法人が所有している固定資産に対して課税される地方税の一種で、毎年1月1日の時点で所有している資産が課税対象となる。
  2. 毎年役所から郵送されてくる通知書に納税書が入っており、年4回の分割払いか1年間分の固定資産税の一括払いになるケースが多い。
  3. 基本的には現金払いが一般的な固定資産税ではあるものの、役所によってはクレジットカード払い、コンビニ払い、振込払いなど、様々な支払い方法に対応している場合もある。

一戸建てや土地の固定資産税の決定方法

固定資産税は以下の計算式を用いて算出します。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%(標準税率)

固定資産税を求める際に必要となる標準税率ですが、1.4%が一般的です。そのため、ほとんどの場合1.4%だと思っておいて良いでしょう。

しかし、1.4%と言うのはあくまで標準税率です。税率は各自治体で決定することができるため、地域によっては独自の税率を適応している場合もあります。固定資産税の目安を計算する際には1.4%で計算しても良いですが、正確な価格を算出する際には確認をしてからにすることをおすすめします。

固定資産税評価額も各自治体によって決定されます。一戸建ての場合は、土地と建築物の両方の固定資産税評価額を割り出す必要があります。土地の場合は時価の70%ほど、新築の物件の場合は50%〜60%ほどが固定資産税評価額となると言われています。建築物に関しては、構造、建築素材、築年数に応じて評価額は異なります。

建物を状態を詳しく確認するために各自治体から調査の依頼がくることもあります。この調査は必ず許可をして参加するようにしましょう。現場調査に応じないと、書類上のみの確認となり、通常よりも高い評価額をつけられ、固定資産税が必要以上に高くなってしまいます。

  1. 固定資産税の計算式は固定資産税評価額×1.4%(標準税率)である。
  2. 一戸建ての場合の固定資産税評価額は、土地の場合は時価の70%ほど、新築の物件の場合は50%〜60%ほどが固定資産税評価額となっている。
  3. 標準税率は1.4%と覚えておけば良いが、地域によっては独自の税率を適応している場合もあるため、注意が必要。

一戸建ての固定資産税の平均

一戸建ての固定資産税の平均のイメージ図
一戸建ての固定資産税の平均金額は10万円から12万円ほど。一戸建てはマンションに比べて面積が広かったり、複雑な構造になっていたりするため、固定資産税は少し高くなりがちです。戸建ての固定資産税を算出するためには、建築物の構造はもちろん、土地の価格が大きく響きます。人気のエリアであればあるほど時価が高くなる傾向になるため、自ずと固定資産税も高くなるでしょう。

一戸建ての建築材料の違いでの固定資産税の平均

一戸建ての固定資産税は、土地や構造の観点だけでなく、建築材料によっても金額が異なります。建築材料の代表的なものには鉄骨造や木造が挙げられます。

建築素材別固定資産税の平均
一戸建ての造り 固定資産税額
鉄骨造 15万円
木造 12万円

建築素材によって耐用年数が異なるため、固定資産税にも差異が生じることになります。鉄骨造の耐用年数が47年なのに対し、木造は22年です。すなわち、鉄骨造の方が木造に比べて資産価値が高いと言えます。そのため、固定資産税も高くなるのです。

他の造りの耐用年数が気になる方は減価償却について紹介している記事に詳細な記載がありますので、参考にしてみてください。

  1. 一戸建ての固定資産税は、土地や構造の観点だけでなく、建築材料によっても金額が異なる。詳細は不動産会社などの専門家に確認する。

一戸建ての固定資産税の相場を調べる方法

戸建の固定資産税の相場のイメージ図

固定資産税の平均の金額は上記で説明した通りです。しかし、平均はあくまで平均です。そのため実際の固定資産税を算出してみると、大幅に差異があることも。家の建築素材、土地、構造などに応じて固定資産税の相場は異なります。一戸建ての固定資産税の相場を調べるためにはどのような方法を用いれば良いのでしょうか。

家屋調査で一戸建ての相場を調べる

新築の建物の場合は、市町村の役所から派遣された調査員が家屋調査を必ず行います。家屋調査では、家の中の隅々まで調査し、固定資産税評価額を算出します。外装だけでなく内装を細かくチェックされます。そのため、家の中に高機能の設備が備わっていると評価額が高くなります

このときに算出された固定資産税評価額を元に固定資産税を割り出します。家屋調査は新築の場合、最初の年にのみ行われます。2年目以降は初年度に割り出された固定資産税評価額と減価償却を元に固定資産税を求めていきます。

マンションと一戸建ての場合、一戸建ての方が土地の評価額が高くなる分、建築物の評価額がマンションに比べて低くなります。長期的にみると、マンションよりも一戸建ての方が固定資産額が安くすむ傾向にあります

家屋調査の際に必要な書類

家屋調査の際には必要な書類がいくつかあります。

  • 認印
  • マイナンバー
  • 建築確認済証
  • 工事請負契約書
  • 平面図写し

建築確認済証、工事請負契約書、平面図写しは建築物を建てる時にもらえるものなので、失くしてしまわないよう注意しましょう。仮に家に調査員を呼ばずに書類だけで調査してもらう場合にも、上記の書類は必要になります。必ず用意するようにしましょう。

  1. 一戸建ての固定資産税の相場を調べる方法として「家屋調査」があげられる。
  2. 家屋調査の際は認印、マイナンバー、建築確認済証、工事請負契約書、平面図写しが必要となるため、無くしていないか事前に確認しておくことが重要。

一戸建ての固定資産税を安くする方法

一戸建ての固定資産税を安く抑える方法のイメージ図

定資産税は不動産を所有している限り、毎年必ず支払わなくてはいけない税金です。そのため、少しでも安く済ませられるに越したことはないでしょう。一戸建ての固定資産税をなるべく安く抑えるためには、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。説明していきます。

(1)家屋調査は慎重に対応する

固定資産税の金額を大きく左右するのが家屋調査で算出される固定資産税評価額です。固定資産税評価額を用いて固定資産税を求めるため、高すぎないように見積もってもらう必要があります

固定資産税評価額は調査員が自宅にて調査するため、必ず立ち会うようにしましょう。人の目で確認し、決定しているため、必ずしもすべての評価が正しいとは限りません。どこのポイントをどのように評価してるのかを一緒に確認するようにしましょう。仮に評価額に疑問点や違和感を感じるようなことがあれば、どうしてそのような評価になったのかを聞くようにしましょう。間違えた評価で決定されてしまうと、不本意な固定資産税評価額で固定資産税を払い続けることになってしまいます

(2)減税措置を活用する

一戸建てや土地の固定資産税を支払う際、一部の場合に減税借置になることがあります。例えば、2020年の3月31日までに新築した戸建ては、3年間の固定資産税の評価額を2分の1に軽減してもらえます。また、土地にも減税措置を適応することができ、広さに応じて評価額の3分の1から6分の1程度の減税も可能となります。手続き方法は各自治体により異なるため、減税借置を活用する際には、どのような手続きが必要なのかを事前に確認して置くようにしましょう。

  1. 一戸建ての固定資産税を安く抑える方法としては、家屋調査が正しいかどうかを見極めることと減税措置を活用することがあげられる。

一戸建ての固定資産税のまとめ

一戸建ての固定資産税のまとめのイメージ図
一戸建て固定資産税の基本
  1. 固定資産税とは、個人や法人が所有している固定資産に対して課税される地方税の一種で、毎年1月1日の時点で所有している資産が課税対象となる。
  2. 毎年役所から郵送されてくる通知書に納税書が入っており、年4回の分割払いか1年間分の固定資産税の一括払いになるケースが多い。
  3. 基本的には現金払いが一般的な固定資産税ではあるものの、役所によってはクレジットカード払い、コンビニ払い、振込払いなど、様々な支払い方法に対応している場合もある。
  4. 固定資産税の計算式は固定資産税評価額×1.4%(標準税率)である。
  5. 一戸建ての場合の固定資産税評価額は、土地の場合は時価の70%ほど、新築の物件の場合は50%〜60%ほどが固定資産税評価額となっている。
  6. 標準税率は1.4%と覚えておけば良いが、地域によっては独自の税率を適応している場合もあるため、注意が必要。
  7. 一戸建ての固定資産税は、土地や構造の観点だけでなく、建築材料によっても金額が異なる。詳細は不動産会社などの専門家に確認する。
  8. 一戸建ての固定資産税の相場を調べる方法として「家屋調査」があげられる。
  9. 家屋調査の際は認印、マイナンバー、建築確認済証、工事請負契約書、平面図写しが必要となるため、無くしていないか事前に確認しておくことが重要。
  10. 一戸建ての固定資産税を安く抑える方法としては、家屋調査が正しいかどうかを見極めることと減税措置を活用することがあげられる。

固定資産税とは、不動産を所有している限り支払いが義務が生じます。

特に、戸建ての場合はマンションに比べ、長期に渡って所有することも多いのではないでしょうか。住宅ローンや生活費を固定資産税で圧迫してしまわないよう、なるべく費用を抑えたいところ。

そのためには家屋調査に適切な対応をとったり、減税借置が適応できれば活用したりしましょう。

そもそも、不動産自体の価格がいくらになるか知りたい方も多いのでしょうか。

その場合は、下記のフォームより、無料で不動産売買に詳しい不動産会社に最大で6社に一括見積りが依頼できますので、試してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Smoola マガジン 編集部
マンションナビを運営する「マンションリサーチ」の「Smoola マガジン」編集部です。不動産売買取引・物件売却における不安を無くしたい!そんな想いからSmoolaマガジンは産まれました。不動産鑑定士・宅地建物取引士・税理士などの不動産専門家による執筆、監修記事を発信します。
初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する