売ろうかなと思ったら

老後に住み替えるタイミングやメリット・デメリットを紹介

お住まいのマンションを売却する理由の1つに、老後・定年による住み替えの希望や、今の住まいに飽きたので住み替えたい、といったものがあるかと思います。
こういった理由でマンションを売却する際に、「住み替えのタイミングはいつがベストなの?」「住み替え先はどのようにして決めれば良いの?」、このような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、住み替えのタイミングや場所の選び方、住み替えのメリット・デメリットを紹介していきます。

住み替えのタイミングはいつにするべきか?

どちらにすべきか悩む男性住み替えのタイミングをいつにするべきか分からないという方は多いと思います。
以下に一般的な住み替えの時期を載せていきますので、一緒に見ていきましょう。

老後や定年退職を迎えた時

老後や定年退職を迎えると通勤の必要がなくなるので、住む場所の選択肢が広がります。

その反面、身体的な老化から行動範囲が狭まることが予想されます。今は車などを利用すれば近くのスーパーなどに行くことができるかもしれませんが、歳をとっていくと車の運転も難しくなります。

そのため住み替えをする際は、徒歩圏内に病院やスーパーがあるかなどを予め確かめておくことが重要です。

子どもが独立した時

子どもが独立すると、子ども部屋がなくなり、部屋のスペースに空きが生じます。
夫婦2人で住むには住まいが広くなりすぎてしまい、返って不便に感じることも多いそうです。

そういった点から、多くの人が夫婦2人で快適に暮らせるような使い勝手の良いコンパクトな空間を求める傾向にあります。

今の住まいに不満を感じた時

今の住まいの老朽化や古い設備などに不満を感じた時も、住み替えを考えるキッカケになるでしょう。
今の住まいを購入してからローンを返済し終えた時には一定期間が経過し、老朽化が進んでいることが考えられます。

中には地震などの自然災害への対策として、新しい物件に住み替えるといった方もいます。

住み替えの場所はどうするべきか?

悩んでいる女性住み替え先を選ぶ際は、どのような点を基準に選ぶべきなのでしょうか?
以下に一般的な住み替え先を紹介していきます。

今住んでいる場所の近く

住み替えをするにあたって心配されるのは、今までの環境やご近所付き合いがガラリと変わってしまうことです。
新しい環境で上手くやっていけるか不安に感じている方も多いと思います。

そんな不安を抱える方は、今住んでいる場所の近くでの住み替えを考えられています。

実家の近く

「生まれ育った土地で過ごしたい」という理由で、実家の近くに住み替える方も沢山います。
また、両親が怪我や病気で入院している方などは、「両親の介護をしたい」という理由で実家近くへの住み替えを希望することが多いです。

子どもが住んでいる場所の近く

近頃では定年を機に子どもの家の近くに住み替えをする人が増えてきています。

子ども夫婦が共働きをしていたり、生まれたての赤ちゃんがいる場合は、親の手助けがほしいという理由で子どもの家の近くに住み替えをするケースが多いです。

全く新しい場所

中には定年を機に全く新しい場所でセカンドライフを楽しむ人もいます。
新しい住まいは人それぞれで温泉地や仏閣巡りできる場所など、自分の趣味に合わせて住み替え場所を選ぶ人が多いです。

住み替えのメリット・デメリットとは

メリットとデメリットの秤次に住み替えのメリット・デメリットを見ていきます。

住み替えのメリット

住み替えのメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 暮らしがスリム化する
  • セキュリティ面が優れている

暮らしがスリム化する

人間は年齢を重ねるにつれて体力や筋力が衰えていき、部屋の掃除や家事などが重労働に感じてしまいます。
しかし、マンションなどに引っ越す場合は住まいがコンパクトになるため、家の中で無駄な体力を使う必要はなくなります。

さらに交通面が優れた立地であれば移動に困ることがなく、足が悪くなっても安心して過ごすことができます。

セキュリティ面が優れている

老後に気をつけなくてはならないのが、家のセキュリティです。
昨今では家に泥棒が侵入したり、知らない人がやって来て詐欺を起こすなどの事件が多発しています。

特にお年寄りはターゲットにされやすいので、思わぬトラブルに遭わないよう、セキュリティ面には気を配っておいた方が安全です。
住み替えの際は、その家がどれだけセキュリティに守られているかをしっかりチェックしておきましょう。

住み替えのデメリット

住み替え先のデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 購入費用がかかる
  • ローンの審査に通らない可能性がある

購入費用がかかる

30代〜40代でマンションを購入する場合は、住宅ローンを先延ばしにできるので問題ないでしょう。

しかし老後にマンションを購入する場合は、住宅ローンの返済期間がその分短くなってしまうので、毎月の支払いが苦しくなっていきます。

ローンの審査に通らない可能性がある

60代〜になると支払い能力に関する審査が厳しくなる傾向にあり、そもそもマンションに住めないといったケースも珍しくありません。
また、マンションを購入できたとしても、その後のランニングコスト(管理費、修繕積立金、駐車場代)がかかってきます。

そのため、購入の際は年金や今の貯蓄をしっかりと計算した上で決めることが大切です。

住み替え先を選定する上で見ておきたいポイント

ポイントを指摘する男性住み替え先を選ぶ上で重視すべきポイントを紹介していきます。

立地条件

シニア世代が見ておきたい立地条件としては、「日当たり」と「公共交通機関との距離」です。

まず「日当たり」ですが、年をとると自宅で過ごすことが多くなるため、何よりも優先して重視する人が多いようです。
また、ガーデニングや家庭菜園を趣味としている方も、「日当たり」を重視することが多いです。

「公共交通機関との距離」に関しても、「日当たり」と同じくらい重要です。
年をとると身体的な老化から長い距離を歩くのが難しくなっていくので、駅やバス停までの距離が近い方が生活上便利です。
特に時間にゆとりあるシニア世代は「バス」を利用することが多いため、「駅までの距離」にこだわるより「バス停までの距離」を重視した方が良さそうです。

物件の築年数

物件の築年数も住み替え先を選定する上でチェックしておきたいポイントです。
近頃では築20年以上の築古マンションが買い時とされています。

理由としては、20年を過ぎたあたりで下落リスクが少なくなるからです。
築古マンションは需要が高いので、マンションがどんなに古くても労力や時間をかけてまで取り壊しを行うようなことはありません。

また、価格が安いというのも築古マンションのメリットの1つです。
新築と比べても立地が良いといった場所もあり、同じ金額を出しても築古マンションの方が全体的な条件を上回ることが多いです。

設備・内装面

設備や内装面がどのようになっているかも見ておく必要があります。
例えば、シアタールームやジャグジーなどの共用施設は、ほとんどの住人が時間の経過とともに利用しなくなる傾向にあります。

それでも管理費用は毎月発生し続けるので、日々の生活に必要な設備・内装が備わっていれば無理に飾られた物件を選ぶ必要はないでしょう。

住み替え先はマンションにするか、一戸建てにするか

マンションにするか一戸建てにするかも、悩みどころだと思います。
マンションと一戸建て、それぞれのメリットとデメリットを以下で詳しく紹介していきます。

マンションのメリット・デメリット

マンションのメリット・デメリットとしては以下の通りです。

メリット
  • 戸締りが簡単
  • 集合住宅なので実内の温度差が少ない
  • 管理を任せられる管理員がいる
  • 居住者同士のコミュニティが形成されやすい
デメリット
  • 管理費、修繕積立金、駐車場代等のランニングコストがかかる
  • 上階や壁の音が気になる場合がある
  • ペットが飼えないなどの制約が設けられている場合がある

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てのメリット・デメリットとしては以下の通りです。

メリット
  • 建て替えや増改築が自由にできる
  • 管理費や修繕積立金の支払いがない
  • 建物が老朽化しても土地を残せる
デメリット
  • 二階建ての場合、登り下りが大変
  • 庭の手入れに時間がかかる
  • 修繕はすべて自己負担

このようにマンションと一戸建てでは特徴やメリット・デメリットが異なるので、自分の現状と照らし合わせて適切な方を選択すると良いでしょう。

購入にするか賃貸にするか

購入か賃貸かを決める上でポイントになるのは「資金面」です。

購入となるとある程度まとまった資金が必要になりますし、賃貸となると基本的に毎月の家賃のみで済ませることができます。
どちらが得というのはありません。現状の資金と照らし合わせて慎重に選ぶことが何よりも大切です。

住み替えで失敗しないための注意点

ポイントを指摘する男性住み替えはただの売却や購入よりも注意すべき点が多く、ハードルが高いと言えます。
住み替えで失敗しないためには、下記の注意点を事前に把握しておくことが大切です。

  • 売却と住み替えがタイミングよくできなかった場合に備えて、引っ越しや仮住まいなどの費用を事前に把握する
  • 既存の住宅ローンの残債額を事前に把握し、買い替えローンを計画的に利用する
  • 万が一買い替えローンの審査が通らなかった場合に備えて、「買い替え特約」は必ず利用する

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回紹介させていただいたように、住み替えで失敗しないためには覚えておきたいポイントがいくつか存在します。
これから住み替えをする人は安心して快適な暮らしを送れるよう、今回紹介させていただいたポイントをしっかりと踏まえておいてください。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法