売ろうかなと思ったら

マンションは売却すべきか賃貸すべきか

マンションは売却すべきか賃貸すべきか

転勤や転職、家族構成の変化などがあると、今住んでいるマンションから引っ越さなくてはいけなくなることもありますよね。そんなとき、今まで住んでいたマンションはどうしたら良いのでしょうか。住まなくなるのであれば、売却をしたり、賃貸をしたりする必要があります。住まなくなったマンションは売却するべきか、賃貸するべきか、解説していきます。

マンションを売却する際と賃貸する際の費用を比較

マンションを売却、賃貸する際にかかる費用

完全にマンションを手放す売却と、所有はしつつ人に貸し出して収入を得る賃貸では、必要な費用が全く異なります。マンションを売却するときと、賃貸するときでは、どのように必要な費用面で違いがあるのかを紹介していきます。

マンションを売却するのに必要な費用とは

マンションを売却する際に必要になる費用は、主に売却中と売却後の工程で発生します。

マンション売却に必要なコスト

売却中
マンション売却中は、諸経費、売却活動、仲介手数料などに費用が発生します。名義変更などの手続きにかかる諸経費は、マンションの価格に応じて異なるもののある程度額が決まっています。対して売却活動費用や仲介手数料は不動産会社によって異なります。

売却後
マンションを売却して得た利益のことを「譲渡所得」と言います。譲渡所得とは、売却利益からマンションを取得した際にかかった費用を差し引いた額を指します。譲渡所得には譲渡所得税という税金が、マンション売却の翌年の確定申告で課税されます。

マンションを賃貸するのに必要な費用とは

マンションを賃貸するのにも、もちろん費用がかかります。賃貸の場合には、マンションの所有権を所持したままの状態になるため、注意が必要です。

マンション貸出にかかる費用

賃貸前
マンションを賃貸するためには不動産会社と契約を結び、広告を打たなくてはいけません。そのため、広告掲載費用がかかったり、賃貸契約を締結した際には仲介手数料がかかったりもします。額は不動産会社によって異なります。

賃貸中
マンションを賃貸しているとは言え、所有権を所持したままとなります。そのため、固定資産税は毎年かかることを念頭に入れておきましょう。マンションを賃貸して収入を得ているため、所得税が課税されます。不動産総収入から必要経費を差し引いた額に対して課税されます。

【賃貸後】
マ次に借りてくれる人を探すためにも、契約が一旦終わったタイミングで清掃が必要になります。

  • マンションを売却すべきか賃貸すべきかを検討する際は、まず始めにかかる費用を抑えておくことが重要である。
  • マンションを売却する際も、賃貸をする際もそれぞれの工程でかかる費用が違うため、事前に不動産会社に相談するようにする。
  • オンラインの一括査定を使うと、マンションの売却時の価格も、賃貸で貸した時に得られる家賃の相場も出してもらえるため、便利。

マンション売却と賃貸のメリット・デメリット

売却と賃貸のメリットとデメリット比較
マンションは売却するにしても賃貸するにしても、メリットがあれば、デメリットもあります。マンション売却と賃貸には、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。紹介していきます。

マンションを売却する際のメリット・デメリット

マンション売却のメリットとデメリット

メリット
現金が手に入る
マンション売却では、一度に多額の現金を手に入れることができます。住宅ローンの完済に充てたり、新居の費用に充てたりできます。そのため、マンション売却は、まとまったお金が必要な方におすすめです。

手離れが良い
マンション売却は、売買契約が成立して引き渡しが完了したら終了です。翌年に税金の支払いはあるものの、引き渡し後に買主や不動産会社とのやりとりは基本的に発生しないです。

デメリット
売却価格が時期によって変動する
築年数に応じて売却価格は大幅に変動します。築年数の古い物件を高く売るためにはリフォームやリノベーションが必要になることも。費用もかさむため、検討して行ってください。

売却費用がかかる
マンションを売却するためには諸経費はもちろん、広告費用や仲介手数料が発生します。売却価格に応じて仲介手数料も変動するため、支払いがかさむことがあります。

マンションを賃貸する際のメリット・デメリット

マンション賃貸のメリットとデメリット

メリット
自己負担することなくローンが返せる
借りてくれる人が継続的にいるのであれば、貯金を切り崩すことなく住宅ローンの支払いを続けられます。
不労所得を得られる
住宅ローンの完済が終わっているマンションなのであれば、借り手がいる限り不労所得を得ることができます。

デメリット
空室になるリスクがある
特に、人気のないエリアのマンションだと借り手がなかなか見つからず空室が続いてしまうことも。空室だと収入も得られないため、出費だけがかさんでしまいます。
手間がかかる
一度賃貸契約が切れたら、また新たな借り手を見つけるための活動が必要になります。そのため、コンスタントに不動産会社とのやり取りが必要となるため、手離れはかなり悪くなります。

  • マンションは売却するのにも賃貸をすべきかは状況によって異なる。
  • 自身はどの状況に当てはまるのかを良く吟味して、売却するのか賃貸にするのかを決めるべき。

マンション売却と賃貸、どちらがおすすめ?

マンションは売却か賃貸かどちらがおすすめ?
住まなくなってしまったマンションは売却するべきなのでしょうか。それとも賃貸するべきなのでしょうか。それぞれおすすめのケースを紹介していきます。

マンションの売却がおすすめのケース

人気のないエリアの物件
人気のないエリアのマンションだと、賃貸をしてもなかなか借りてくれる人が現れず空室が続いてしまうことも。賃貸するマンションの所有権はそのままであるため、持っているだけで固定資産税や住宅ローンの支払いが発生します。借りてくれる人がいないと収入はないのに出費だけがかさんでしまうため、売却してしまいましょう。

住む予定がない
一度の転職や転勤で、二度と元の土地に戻ってくる予定がないのであれば、マンションは売却した方が良いでしょう。二度と住むことのない誰も住んでいないマンションを所有していても、固定資産税がかかってしまうだけです。さらに劣化も進んでしまうため、住む人がいないのであれば売却することをおすすめします。

マンションの賃貸がおすすめのケース

マンションを売却せずに賃貸するべきケースはいくつかあります。

人気エリアの物件
マンションが人気エリアにあるのであれば、賃貸をはじめても空室になってしまう可能性が低いです。そのため、比較的少ないリスクでマンション賃貸ができます。

また住む予定がある
転職や転勤が一時的なもので、また元々住んでいたマンションに戻ってくるのであれば、売却はせずに賃貸した方が良いでしょう。二度と帰ってくることがないのであれば売却しても良いです。しかし、また帰ってくる予定があるとなると、再度家探しをしなくてはいけなくなります。コストも労力もかかるので、賃貸をしながらマンションは所有しておきましょう。

  • マンションが人気エリアか否か。そのマンションにまた戻ってくるか否かでマンションを売却すべきか賃貸すべきかを考えることがお勧めである。

マンションは売却すべきか賃貸すべきかまとめ

マンションは売却すべきか賃貸すべきかのまとめ
マンションは売却か賃貸か比較まとめ
  1. マンションを売却すべきか賃貸すべきかを検討する際は、まず始めにかかる費用を抑えておくことが重要である。
  2. マンションを売却する際も、賃貸をする際もそれぞれの工程でかかる費用が違うため、事前に不動産会社に相談するようにする。
  3. オンラインの一括査定を使うと、マンションの売却時の価格も、賃貸で貸した時に得られる家賃の相場も出してもらえるため、便利。
  4. マンションは売却するのにも賃貸をすべきかは状況によって異なる。
  5. 自身はどの状況に当てはまるのかを良く吟味して、売却するのか賃貸にするのかを決めるべき。
  6. マンションが人気エリアか否か。そのマンションにまた戻ってくるか否かでマンションを売却すべきか賃貸すべきかを考えることがお勧めである。

様々な理由で住まなくなることのあるマンション。住まなくなったマンションは売却したり、賃貸したり、様々な方法で活用できます。マンションは売却するのにも賃貸をするのにも費用がかかります。さらに、どちらの方法を採用するべきかは状況によって異なります。自身はどの状況に当てはまるのかを良く吟味して、売却するのか賃貸にするのかを決めましょう

無料のオンラインの一括査定を使うと、マンションの売却時の価格も、賃貸で貸した時に得られる家賃の相場も出してもらえるため、便利です。ぜひお試しください。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する