売ろうかなと思ったら

【要注意!】マンション売却でリフォームしてはいけない5つの理由

マンション売却でリフォームしてはいけない5つの理由まとめ

マンション売却を検討している人の中には、リフォーム後に売却した方がよいのでは?と考えている人もいるでしょう。

結論からいうと、マンションを売却するときにリフォームしてはいけません

もちろん例外はあるものの、「リフォームしない方がよい」という結論になることが多いです。この記事では、リフォームしない方がよい理由を5つ解説します。

逆にリフォームした方がよいマンションも紹介するので、合わせてご確認ください。

マンション売却でリフォームが不要な理由1:リフォーム費用は高いから

マンションを売却する際にリフォームをしない方が良い理由

マンション売却時にリフォームしない方がよい1つ目の理由は、リフォーム費用は高いからです。もちろんリフォーム費用は内容や業者によって異なります。

ただマンション売却に伴いリフォームするなら、クロスやフローリングの張り替え・水まわり設備の入れ替えなど、そこそこ規模の大きいリフォームになるでしょう。

その場合は、数十万円から100万円を超えるケースが多いです。
以下より目安価格を記載するので、参考にしてください。

クロス・フローリングの張り替え工事のリフォーム費用相場

クロス・フローリングの張り替え工事のリフォーム費用相場は以下の通りです。

クロス・フローリングのリフォームの費用相場
帖数 クロス フローリング
6帖 39,800円~ 92,800円~
7帖 47,800円~ 108,800円~
8帖 55,800円~ 124,800円~
9帖 62,800円~ 140,800円~
10帖 69,800円~ 156,800円~

仮に、3LDK(8帖・6帖・6帖・10帖)のマンションをリフォームするときは、クロス・フローリングの張り替え工事費用だけで672,400円~の費になります。

水まわり工事のリフォーム費用相場

次に、水まわり工事のリフォーム費用相場は以下の通りです。

リフォームの費用相場
リフォーム箇所 リフォーム費用
キッチン 390,000円~
浴室 518,000円~
トイレ 86,000円~
洗面台 69,800円~

水まわりは設備の入れ替え工事になるため、大がかりな工事になります。設備のグレードによって工事費用は大きく異なるので、上記の倍以上の費用になることもあります

このようにリフォーム費用は高額になることも多いです。この金額をかけてでまでリフォームした方がよいケースは少ないでしょう。

  • マンション売却に伴うリフォームの規模はある程度大きくなる
  • 数十万円から100万円を超えることもある

マンション売却でリフォームが不要な理由2:売却価格が上がるか分からないから

マンションを売却する際にリフォームをしない方が良い理由

マンション売却時にリフォームしない方がよい2つ目の理由は、リフォームしても売却価格が上がるか分からないからです。これは、前章の「リフォーム費用は高いから」という点にもつながります。

もしリフォームしてからマンションを売却するなら、前章で紹介した費用を売却価格に上乗せできないと、リフォームした意味がありません。

とはいえリフォームしたからといって、マンションの売却価格が上がるかは分かりませんその理由は以下の通りです。

  • 中古マンションは劣化していて当たり前
  • 買主がリノベーションしたいケースもある

上記の理由と合わせて、どんな状況のときにリフォームするべきか?についても解説します。

中古マンションは劣化していて当たり前

中古マンションの購入検討者は、「中古マンションは劣化していて当たり前」という認識です。もちろん、なるべく新築に近い状態が望ましいものの、多少の傷・汚れは構わないという人が多いです。

そのような人は、「リフォーム済みで売却価格が上がっているマンション」より、「リフォームせずに少しでも安いマンション」を買いたいと思うでしょう。

言い換えると、リフォーム費用をそのまま上乗せすると、購入検討者に「金額が高い」と思われる可能性があります。

買主がリノベーションしたいケースもある

買主がみずからリノベーションしたいケースもあります。最近では、自分の好きな間取り・仕様にリノベーションする前提で、中古マンションを探している人もいます。

そのような人は購入後にみずからリフォームするため、売主がリフォームしておく必要はないのです。

前項と合わせ、買主にとってリフォームすることが「余計なお世話に」なっていることがあります。そのため、リフォームしてもマンションの売却価格が上がるか分からないのです。

【リフォームすべきとき】過度に劣化している

一方、リフォームすべきときはどんなときか?というと、過度に劣化しているときです。たとえばペットを飼っていて、クロスやフローリングがボロボロの状態であれば、リフォームした方がよいかもしれません。

ただし、その場合もリフォームすべきかどうかは、自分だけで判断しない方がよいです。マンションを査定するときに不動産会社へ相談することをおすすめします

不動産会社なら経験上「ここまで劣化しているならリフォームした方がよい」という判断ができるでしょう。

  • リフォームしたからといって売却価格が上がるかわからない
  • 中古マンションは劣化して当たり前と思っている人が多い
  • リノベーション前提でマンションを探している人もいる
  • ペットを飼っているなど過度に劣化している場合は不動産会社に相談しよう

マンション売却でリフォームが不要な理由3:競合物件の状況によるから

マンションを売却する際にリフォームをしない方が良い理由

マンション売却時にリフォームしない方がよい3つ目の理由は、競合物件の状況によってマンションの売却価格は変わるからです。この点を解説するために、まずはマンションの売却価格がどのように算出されるかを解説します。

マンション売却時は周辺の成約事例を確認

マンションの売却価格は、周辺の成約事例を基に算出されます周辺の成約事例がそのエリアの相場をつくり、相場がマンションの売却価格に大きく影響するからです。

不動産会社が査定価格を算出するときは、査定するマンションと「近しい物件」をピックアップします。近しい物件とは、エリア・築年数・間取りなどの諸条件が近い物件です。

その物件がいくらで成約したか?が相場価格となり、その相場価格を参考にマンションの査定価格を算出する流れです。

マンションを売却する上での相場価格の調べ方については、下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

周辺に新築マンションが売り出されていたらリフォームもあり

前項のような流れで査定価格を算出するため、周辺に新築マンションが売り出されていたらリフォームを検討してもよいでしょう。というのも、新築マンションの購入検討者が見学に来ることが多いからです。

そうなると新築マンションと比較されるので、どうしても中古マンションは見劣りします。つまり内見したときの評価が下がる可能性があるので、リフォームした方がよい場合があるのです。

また新築マンションの価格が高ければ、リフォーム費用を上乗せした価格でも相対的には安く見えるかもしれません。

ただし、その辺りの判断は難易度が高いので、やはり不動産会社に相談しましょうその際は、マンション売却に特化したマンションナビの活用をおすすめします。

マンション売却に強い不動産会社であれば、リフォームすべきかどうかの判断がしやすいです。そんな不動産会社は、マンション売却に特化したマンションナビなら見つけやすいでしょう。

  • リフォームすべきかどうかは競合物件の状況にもよる
  • マンションの査定価格は周辺の成約事例が基になっている
  • 周辺で新築マンションが売り出し中ならリフォームもあり

マンション売却でリフォームが不要な理由4:集客効果が不透明だから

マンションを売却する際にリフォームをしない方が良い理由

マンション売却時にリフォームしない方がよい4つ目の理由は、集客効果が不透明だからです。そもそもマンション売却時にリフォームするメリットは、内見者の印象がよくなるだけでなく「集客効果も見込める」点があります。

リフォームすると、チラシやネット広告に「リフォーム済み」と表記できるため、検討者の興味を惹けます。しかし実は、以下の理由で逆に集客が落ちるリスクはあるのです。

  • 築年数で検索する人が多い
  • 売り出し価格が高くなるので予算外になる

詳しく解説します。

築年数で検索する人が多い

中古マンションを探している人は、築年数の条件を決めて検索する人が多いです。ネットで中古マンションを探すときは、3年・5年・7年・10年(以降は5年ごと)と、築年数の上限を設定して検索できます。

たとえば、築16年のマンションを売却するときにリフォームしても、当然ながら築年数は16年のままです。

そうなるとリフォームしていないときと同じく、築15年以内でマンションを検索している人の検索画面には出てきませんせっかくリフォームしても、検索画面に出てこなければ集客にはつながらないというわけです。

売り出し価格が高くなるので予算外になる

マンションをリフォームしてから売却するときは、基本的にはリフォーム費用を上乗せします。リフォームすることでマンションの売り出し価格は高くなるので、予算的に検討外になる可能性があるのです

たとえば、リフォーム前なら2,900万円で売り出せたものの、リフォーム費用に150万円かけたことで3,000万円を超える売り出し価格になったとしましょう。

その場合、予算を3,000万円に設定している人は検討から外します予算は毎月の支払い額に直結するため、そう簡単に変えられません。

このようにマンションをリフォームしてから売却することで、集客は落ちるリスクがあります。

  • リフォームすることで集客は落ちるリスクがある
  • リフォームしても築年数は変わらないから
  • リフォームすることで売り出し価格が高くなり予算オーバーになるから

マンション売却でリフォームが不要な理由5:室内をよく見せる工夫があるから

マンションを売却する際にリフォームをしない方が良い理由

マンション売却時にリフォームしない方がよい5つ目の理由は、室内をよく見せる工夫があるからです。上述したように、リフォームする理由の一つに、「室内の印象を上げる」点があります。

ただ以下のように、リフォームしなくても室内の印象を上げる方法はあります。

  • 床の露出を増やして広く見せる
  • 背の高いものは収納しておき広く見せる
  • 水まわりを中心に清掃する
  • 内見の前に必ず換気をする

要はお金をかけなくても室内をよく見せられます室内の印象をよくできれば、わざわざリフォームする必要はないのです。

そのため、まずは上記の工夫をしましょう。その上で、どうしてもマンションが売れなければリフォームを検討する…という流れがおすすめです。

マンション売却における内覧対応のコツは下記の記事にまとめています。より詳細を確認したい方は下記の記事を参考にしてみてください。

  • 室内をよく見せる工夫はリフォーム以外にたくさんある
  • まずはその工夫を実行しましょう

マンション売却でリフォームしてはいけないの理由まとめ

マンション売却でリフォームしてはいけない5つの理由まとめ
マンション売却でリフォームしてはいけない5つの理由
  1. リフォーム費用は高いから
  2. 売却価格が上がるか分からないから
  3. 競合物件の状況によるから
  4. 集客効果が不透明だから
  5. 室内をよく見せる工夫はあるから

上記4つの理由があるため、基本的にマンション売却ではリフォームしない方がよいでしょう。

例外として、「過度に劣化している」「周辺で新築マンションが売り出されている」ときはリフォームを検討してもよいです。ただ、その場合は必ずマンション売却に強い不動産会社に相談しましょう。

というのも、仮に「土地や戸建の売却が専門」の不動産会社に相談してしまうと、マンション売却は専門外の分野になります。そのため、マンション売却においてリフォームすべきかどうかの判断は難しいのです。

上述したように、不動産会社を探すときはリフォームすることがの利用をおすすめします。

わずか60秒の入力作業で、最大6社の不動産会社へ無料で査定依頼できるので、ぜひご活用ください。

記事監修者情報

監修者情報
■氏名:中村昌弘
■保有資格:宅建士

 

 

■プロフィール
2008年より新卒で大手マンションディベロッパーに勤務。新築マンションの販売や仲介、用地取得など幅広く従事。プロジェクトマネージャーとして、新築マンションの販売を何棟も歴任。自身のマンションを購入・売却した経験もある。
2016年から独立して、不動産関係を中心にライター業を開始。多数の大手メディアに掲載歴を持つ。営業担当者・プロジェクトマネージャーの経験、および自分自身の経験を武器に、分かりやすい記事の執筆を心がけている。

ABOUT ME
Smoola マガジン 編集部
マンションナビを運営する「マンションリサーチ」の「Smoola マガジン」編集部です。不動産売買取引・物件売却における不安を無くしたい!そんな想いからSmoolaマガジンは産まれました。不動産鑑定士・宅地建物取引士・税理士などの不動産専門家による執筆、監修記事を発信します。
初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する