売ろうかなと思ったら

リースバックとは?デメリット3選と失敗談を紹介!

マンション売却のリースバックとは?メリット3選・デメリット3選を紹介

マンション売却におけるリースバックと聞いても、なかなかどのような仕組みなのか理解するのは難しいですよね。また、リースバックをすると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。どんな時に利用すべきなのか、デメリットの失敗談をあわせて紹介していきます。リースバックのメリット3選・デメリット3選をまとめてご紹介します。

リースバックとは

リースバックとは何かを紹介していきます。リースバックとは何かを紹介していきます。

そもそも「リースバック」とはどのようなものなのでしょうか。正式には「セールスアンドリースバック(sale and leaseback)」といい、日本語では賃貸借契約付き売却といいます。

リースバックとはマンションの売却者が主に投資家や不動産会社に対してマンションを売却し、「賃貸契約」を結んで、売却後もそのまま住み続けられるようにする仕組みです。

売却先が主に投資家や不動産会社である理由としては、個人が家を買う場合、マンションに住むことを所有目的としているため、元の所有者が住めなくなってしまうからです。

そのため、立ち退きを要求してきたり、他の方に転売したりしない信頼関係を無くしては実現しない仕組みともいえます。

リースバックのメリット3選

リースバックのメリット3選を紹介しますリースバックのメリット3選を紹介します

マンションを売却した後も慣れ親しんだ家に住み続けることのできるリースバックには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

維持管理にかかる費用の支払い義務がなくなる

マンションを所有していると、固定資産税などの維持管理費用がかかります。

しかし、リースバックをしてしまえばマンションの所有は売却先の人となるため、ご自身で固定資産税等の維持管理費を支払わなくて済むようになります。

慣れ親しんだ家に住み続けられる

リースバックはマンションを売却した後にも賃貸料を支払いながら、同じマンションに住み続けられる仕組みです。

そのため、引っ越す必要がなかったり、今までのライフスタイルを変えたりせずに住み続けられます

近所の人に事情を知られなくて済む

投資家の方や不動産会社へマンションを売却するという取引となるため、第三者が家を見にくることも通常のマンション売却に比べて少ないのがリースバックです。

広告活動も大々的には行わないですし、引っ越しもしないため、マンションを売却したことが近所の方に知られることなくできます。

リースバックのデメリット3選

リースバックのメリット3選を紹介しますリースバックのデメリット3選を紹介します

マンション売却後も慣れ親しんだ家に住み続けることのできるリースバックは、一件メリットが多いように見えますが、その裏にあるデメリットを紹介します。

マンションを売却する際にリースバックを選択する場合は、メリットとデメリットを理解した上で、選択するようにしましょう。

譲渡所得税の支払い義務が発生する

マンション売却後も自分たちで住み続けるとは言え、マンションを売却したことに変わりはありません。

そのため、マンションを売却した際に必ず発生する譲渡所得税の支払い義務が発生します。支払い時期はマンションを売却した翌年の2月から3月の間です。忘れてしまわないよう注意しておきましょう。

賃貸料を支払い続けなくてはいけない

固定資産としてマンションを所有している際には、住宅ローンを除いては発生していなかった外部への月額料金が発生します。

所有物として持っているマンションには発生しませんが、リース会社に対して毎月の賃料の支払いが必要になることは覚えておきましょう。

終身住み続けたり、買い戻しができない可能性がある

リースバックでは、所有者から退去命令が出たら退去しなくてはいけないです。そのため、終身住み続けられる保証はありません。

また、どこかのタイミングで買い戻しがしたいと思っても、買い戻せる保証もありません。一度手放したら自分の所有物として戻ってこないかもしれない覚悟を決める必要があります。

一件メリットもあるように見えるリースバックですが、デメリットが強くなるとトラブルにも巻き込まれてしまいます。ここからはリースバックのデメリットから起きてしまうトラブルや失敗談をお伝えします。

リースバックのデメリットから起こるトラブルや失敗談

リースバックで起きるトラブルや失敗談リースバックで起きるトラブルや失敗談を紹介します。

リースバックのデメリットから起きてしまったトラブルや失敗について、ご紹介していきます。実際に参考にする場合には、リースバックをするとこのような自体になりかねないという危機感を持つようにしましょう。デメリットと併せて決断時にお考えください。

リース料金が高額すぎて支払えなくなってしまった

リースバックでマンションを売却したのちには、賃貸料(リース料)を支払い続けることでマンションに住み続けることができます。そのため、リース料が高額すぎて支払えなくなってしまい、強制退去を命じられたことがある方は少なくはありません。

リース料の相場は「売却価格×10%/12(ヶ月)=リース料」です。マンションの売却価格が上がればリース料も上がり、売却価格が下がればリース料も下がる傾向にあります。そのため、「なるべく高く売却したい」と思って高い価格で売却してしまうと、のちの暮らしに賃貸料として大きくのしかかってくるというわけです。

マンションの売却価格を優先するべきか、リース料を優先するべきからは人それぞれ違うでしょう。自分に合っている方で進めましょう。

退去を命じられてしまった

リースバックの賃貸契約は2年から3年ほどが一般的です。通常の賃貸であれば、よほどのことがない限り退去させられることはほとんどありません。

しかし、リースバックの場合には、更新のタイミングで立ち退きを命じられる場合があります。立ち退きを命じられたら出て行かなくてないけませんから、住み続けることができなくなってしまいます。

主な理由としては、リース会社の業績が落ちたり、リース会社が売却しなくてはいけなくなったりといった理由です。そのため、住んでいた方に何か問題が合ったわけではなく、リース会社の責任です。

しかし、不動産がリース会社の所有物である以上、どんなにリース会社が悪くても責任を問うことはできません。

相続人とトラブルになる可能性がある

マンションが何かあったときのためのアテとなってしまっている場合、リースバックをしてしまっているとアテにはもうできなくなってしまいます。

マンションを売却した本人としては、誰にも知られることなく売却できるのがメリットかもしれません。しかし、のちに実は持ち家ではないことが発覚した際に大きなトラブルに発展する可能性はなきにしもあらず

また、「買い戻せばいい」と思っている方もいるかもしれません。しかし、予定通り買い戻しができないこともよくあります。リース料が高額すぎて貯金ができなかったり、相場よりも高い価格で買い戻し料金を提示してくることもありえます。万が一のことを考えて、リースバックをする際には身内に話さないのではなく、事前に相談をしたり、いくらで買い戻しができるのかを共有したりしておきましょう。

リースバックデメリットまとめ

 

マンション売却時のリースバックまとめマンション売却時のリースバックまとめ
  1. リースバックとはマンションの売却者が主に投資家や不動産会社に対してマンションを売却し、「賃貸契約」を結んで、売却後もそのまま住み続けられるようにする仕組み。
  2. リースバックのメリットとしては「維持管理にかかる費用の支払い義務がなくなる」、「慣れ親しんだ家に住み続けられる」、「近所の人に事情を知られなくて済む」の3点。
  3. リースバックのデメリットとしては「譲渡所得税の支払い義務が発生する」、「賃貸料を支払い続けなくてはいけない」、「終身住み続けたり、買い戻しができない可能性がある」の3点。
  4. リースバックのデメリットから起きるトラブルや失敗談を把握しておく。
  5. マンション売却時にリースバックを選択する際は、メリットとデメリットをそれぞれ比較し、納得した上で判断するようにする。

リースバックは、マンションを売却した後でも馴染み深い我が家に暮らせることから選択したい方は多い方法でしょう。

メリットがとても魅力的な分、なかなかデメリットを大きく受け止められないこともあるでしょう。

しかし、リースバックにしてしまうとリース料が発生したり、我が家とはいえ他人のものになってしまいます。十分にデメリットや起こりうるトラブルについて考えてから決断をするようにしましょう。

 

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する