売ろうかなと思ったら

マンションを買い替えるときにかかる費用一覧

買い替え時に費用一覧

マンションを買い替える場合、もともと暮らしていたマンションを売却し、新拠点にて新居を購入します。そのため、マンションの買い替えには不動産売却と購入が同時に発生することを念頭に置いておきましょう。不動産は購入するためにはもちろん、売却する際にも費用がかかります。売却と購入のどちらもをしなくてはいけないマンションの買い替えでは、どれほどの費用がかかるのでしょうか。解説していきます。

マンションを売却する際にかかる費用

買い替えの売却時にかかる費用
マンションを買い替えるには、まずもともと住んでいた物件を売却する必要があります。「売り先行」と「買い先行」で売却が先なのか購入が先なのかは異なります。しかし、費用に大差はないです。買い替えのためにマンションを売却する際に必ずかかる費用売却後にかかる費用場合によってはかかる費用の3つに分けて解説していきます。

必ずかかる費用

マンションの買い替えの際の売却で必ずかかる費用は、以下の6つです。

売却で必ずかかる費用

1. 仲介手数料
不動産会社を介して売却活動をした場合、仲介手数料がかかります。仲介手数料は売却価格や売却活動の長さによって異なります。

2. 登録免許税(=抵当権抹消費用)
免許登録税は不動産ひとつにつき1,000円かかります。

3. 印紙税
印紙税は売買金額に応じて異なります。

4. 住所変更登記の費用
マンション売却をする際、登記簿謄本と住民票の住所は一致している必要があります。なんらかのケースで異なる場合には、住民票に合わせなければいけません。

5. 引越し費用
新居や仮住まいへの引っ越し作業が必要です。

6. 住宅ローンの一括繰上返済の手数料
買い替えで住宅ローンを一括支払いするためには一括繰上返済の手数料が発生します。

売却後にかかる費用

マンションの売却後にかかる費用には、以下の2つがあります。

売却後にかかる費用

1. 譲渡所得税
譲渡所得税の実態は、「所得税」と「住民税」です。譲渡所得税の中でも「所得税」は、マンション売却のあった翌年の確定申告の際に支払いをします。また、住民税に関しては6月ごろの支払いとなります。譲渡所得税の算出方法は以下です。

<譲渡所得税=譲渡所得×税率>

税率はマンションを5年以上所有していたのであれば20%、5年以下であれば39%となります。

2. 復興特別所得税
復興特別所得税とは、東日本大震災の財源を確保するために2013年に始まった制度です。復興特別所得税を算出するための計算方法は以下です。

<復興特別所得税 = 基準所得税(譲渡所得税) × 税率(2.1%)>

場合によってはかかる費用

マンション買い替えの際の売却で、場合によって必要となる費用は以下の2つです。

1. リフォーム費用
リフォームをするとマンションの資産価値が高くなり、結果的に高額売却できる可能性があります。リフォーム前後の売却価格と、リフォームにかかる費用を十分に比較検討しましょう。

2. ハウスクリーニング費用
売却活動の中でも家の中を実際に見られる内覧は重要なポイント。特に気になる水回りのお手入れは、プロの業者に依頼して清掃してもらうことをおすすめします。

  • マンションの買い替え時にかかる費用には、「売却」にかかる費用と「購入」にかかる費用の両方がある。
  • 売却において、かかる費用は「売却時点でかかる費用が6つ」・「売却後にかかる費用が2つ」・「場合によってはかかる費用が2つ」あることを押さえておく。

マンションを購入する際にかかる費用

買い替え時の購入においてかかる費用
マンションを購入するためには、もちろん費用がかかります。しかし、かかる費用は物件の代金だけでなく、他にも諸経費が発生します。マンションを購入する際にかかる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。必ずかかる費用、購入後にかかる費用、場合によってはかかる費用の3つに分けて解説していきます。

必ずかかる費用

マンション買い替えのために新居を購入する際に必ずかかる費用は以下の5つです。

購入で必ずかかる費用

1. 仲介手数料
不動産会社を介してマンションを購入した際には、仲介手数料が発生します。

2. 手付金
マンションを購入する際には、手付金として売却価格の5%から10%ほどを先に支払います。

3. 登記費用
マンションの所有者を売主から買主に変更するためには登記費用がかかります。登記費用の算出方法は、以下です。

<登記費用=固定資産評価額×0.15%>

4. 印紙税
マンションを購入するために交わす契約書には印紙税がかかります。売買価格によっていくらになるのかは異なります。

5. 引越し費用
もともと住んでいるマンションからの引越し費用が必要になります。

購入後にかかる費用

マンション購入後にかかる費用は以下の4つが挙げられます。

購入後にかかる費用

1. 不動産取得税
不動産を取得すると、不動産取得税が発生します。計算方法は以下です。

<不動産取得税=課税対象額×税率>

課税対象額には固定資産税評価額を用い、税率は原則4%です。しかし、2021年3月までに取得した土地や物件であれば、税率は3%まで引き落とされます。

2. 固定資産税
マンションは固定資産税であるため、所有している限り毎年固定資産税が発生します。

3. 修繕積立金
マンションの場合、共有スペースの修理費用に当てるための積立金が毎月発生します。

4. 管理費
マンションの場合、ゴミ出しや清掃などの管理費用が毎月必要になります。

場合によってはかかる費用

登記を自身で行うのではなく、専門家に依頼する場合には費用がかかります。司法書士に登記を依頼する際の相場は10万円ほどだと言われています

  • 購入において、かかる費用は「購入時点でかかる費用が5つ」・「購入後にかかる費用が4つ」・「場合によってはかかる費用が1つ」あることを押さえておく。

買い替え時にかかる費用まとめ

買い替え時にかかる費用まとめ
買い替え時にかかる費用の基本
  1. マンションの買い替え時にかかる費用には、「売却」にかかる費用と「購入」にかかる費用の両方がある。
  2. 売却において、かかる費用は「売却時点でかかる費用が6つ」・「売却後にかかる費用が2つ」・「場合によってはかかる費用が2つ」あることを押さえておく。
  3. 購入において、かかる費用は「購入時点でかかる費用が5つ」・「購入後にかかる費用が4つ」・「場合によってはかかる費用が1つ」あることを押さえておく。
  4. 買い替え時の、住宅ローンの一括繰上返済には手続きが必要になるため、事前に金融機関に相談しておくことをおすすめする。

マンションを買い替えるためには、売却と購入の両方の手続きが必要となります。どちらもの費用がかかるため、大きな出費となるでしょう。

一点注意点として、住宅ローンの一括繰上返済には手続きが必要になるため、事前に金融機関に相談しておくことをおすすめします。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する