売ろうかなと思ったら

仲介手数料は値引けるか?安くする方法4選を紹介!

マンション売却時の仲介手数料を値引くポイント4選!

マンションなどのは売るときも買うときも”仲介手数料”がかかるもの。ただでさえ高額なやりとりなのに、そこにさらに高額な仲介手数料が加算されては、不動産売買が厳しくなってしまうのも当然です。そんな高額な仲介手数料は安ければ安いほど嬉しいですよね。不動産売買時の仲介手数料がいかなるものなのか、なるべく値引くためにはどうすれば良いのか、まとめていきます。

仲介手数料とは

マンション売却時にかかる仲介手数料を紹介します。マンション売却時にかかる仲介手数料を紹介します。

 

マンションの売却時にかかる仲介手数料とは、不動産会社を介した場合に発生する手数料です。

個人間で直接取引をしてしまうと、後にトラブルに発展するケースも少なくありません。

トラブルを避けるためのリスクヘッジや、売主・買主両者にとって正当な取引を成立させるためにも不動産会社を仲介業者として通す必要があるのです。

マンション売却時の仲介手数料は、高額な取引が成功した際の成功報酬に値するため、取引が成立しなかった場合は必然的に仲介手数料の発生はありません。

仲介手数料はいくらかかるのか?

では、実際に不動産売買時の仲介手数料はいくらほどかかるのでしょうか。不動産売買の仲介手数料はその取引金額によって請求される上限金額が法律で定められています
仲介手数料の上限としては、

200万円以下の場合は取引額の5%+消費税

200万円超400万円以下の場合は取引額の4%+消費税

400万円超の場合は取引額の3%+消費税と決まっています。

仲介手数料早見表
契約金額 報酬額
200万円以下の金額 100分の5.4
200万円を超え400万円以下 100分の4.32
400万円を超える金額 100分の3.24

例えば取引額が5000万円だった場合は5000万円×3%に別途消費税+6万円がかかるので、おおよそ171万円が仲介手数料となります(消費税率10%での計算)。

中には仲介手数料が半額の不動産会社や仲介手数料無料の不動産会社もあります。仲介手数料が安く済ませられる不動産会社は魅力的に見えるかもしれません。

しかし、売却時の仲介手数料の金額だけを見て不動産会社を決めてしまうとサービス内容が良くなかったり、話や相談を聞いてくれないまま取引を進められてしまったり、結果的に「損してしまった」なんてことにもなりかねません。

マンションを売却する際の不動産会社決めは周りの人に評判を聞いたり、口コミをリサーチしたりの事前調査が必要です。

 

仲介手数料はいつ払うのか?

仲介手数料の支払いのタイミングは各不動会社によって異ります。手数料も高額のため、事前にどのタイミングで支払わなくてはいけないのかを確認しておくと良いでしょう。

仲介手数料を支払うタイミングは2回あり、それが「売買契約締結時」または「物件の引き渡し完了時」です。

どちらかのタイミングで全額払うケースももちろんありますが、一般的には売買契約締結時に仲介手数料の半額を、そして物件の引き渡し完了時にもう半額を支払うことが多いです。

ただし、マンション売却時の仲介手数料はかなりの高額請求が見込まれます。そのため、一括での支払いが出来なかったり、代金を受け取ってからでないと支払えなかったりするケースも多々あるでしょう。

どんなに高額な売買契約が締結出来たとしても、実際に代金が支払われるのは契約が結ばれたタイミングではありません。

もし代金が支払われてから仲介手数料を払いたいという希望があるのであれば「物件引き渡し完了時」に全額支払いたいという意思を不動産会社に事前に相談してみるようにましょう。

他にもマンションの売却でかかる費用を知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

仲介手数料を安くする方法4選!

マンション売却時の仲介手数料を値引きく方法4選マンション売却時の仲介手数料を値引きく方法4選を紹介します。

結論から言ってしまうと、マンション売却時の仲介手数料を値引くのはかなり難しく、ほとんど出来ないに等しいと認識しておきましょう。

特に大手不動産会社になればなるほどその交渉は難しいといえます。相談を持ちかけてみても良いかもしれませんが、少しでも応じてもらえたら「かなり運が良かった」くらいに思っておきましょう。

ただし、仲介手数料をなるべく安く抑えるためのコツはありますので、コツをご紹介していきます。

安い仲介手数料を提示している不動産会社を選ぶ

他の不動産会社と差別化を図るために、仲介手数料が半額だったり無料だったりする不動産会社も中にはあります

仲介手数料の安さだけで飛びついてしまうのはサービスの質が悪いなどのリスクが伴うケースもあるので、控えた方が良いでしょう。

しかし、事前に不動産会社を調べ上げ、知人の評判やネットの口コミが良く、安心して不動産売買を任せられるような会社であるならば、その不動産会社を活用してもよいでしょう。

中には値引き交渉に対応していると自ら発信している不動産会社もあります。手間はかかってしまいますが、より納得のいく取引が進められるよう、不動産会社選びのための事前調査は手を抜かずしっかりと進めましょう。

他社にお願いすると申し立てをする

どうしても値引きをしてもらえない際の最後の切り札として「値引きをしてもらえないなら他社でマンションを売却してもらう」と担当者に交渉をしてみても良いでしょう。

不動産会社側がそれでも応じないようであれば他社で契約を結び直さないといけなくなるので、本当の最終手段として取っておきましょう

この際に「他社で見積もられた仲介手数料はいくら」と具体的な数字が言えるとより良いので、物件の査定をする際に何社からか同時に見積もりも入手できる一括査定をしておくことをオススメします。

値引きの交渉をする際に他社と比較をして具体的な数字を見せられると、良い場合だと最安値にまで仲介手数料を引いてもらえるケースもあります。

勤め先の福利厚生や株主優待を利用する

大手の企業ともなると、福利厚生の一環で提携を結んでいる不動産会社のあるケースがあります。

社員であれば仲介手数料が何割か値引かれるという内容で掲載されていたるするので、使えるものは使っておくことをオススメします。すぐに見つけられないところに掲載されてる場合もあるので、福利厚生のページをチェックしたり、周りの上司や同僚に相談したりすると良いでしょう。

また、大手不動産会社ではなかなかないものの、上場企業の中小規模不動産会社であれば株主の方への優待として仲介手数料を値引いてくれるケースもあります。

株主優待を利用するためには株の価格が値引き率を超えてしまっては元も子もないので、安易に株を購入するのは避けましょう。

知人に直接不動産会社を紹介してもらう

地元で顔の効く不動産会社や知人に紹介してもらった不動産会社に仲介を依頼してみるのも良いでしょう。顔見知りの不動産会社であれば特別に割引を効かせてくれたり、より良い条件の案件を紹介してもらえたりします。

また、知人に紹介てもらえた不動産会社であれば、口コミを上げるためのマーケティングとしてや、知人同士のメンツもかかっていることもあり、値引きしてくれる可能性が上がります

紹介してもらって仲介手数料を値引きてもらったのであれば、良い口コミを掲載したり、自分も誰か知人が不動産会社を探しているといった際に紹介してあげたりなどの恩返しが出来ると良いですね。

マンション売却の仲介手数料安くする方法まとめ

マンションの仲介手数料を安く抑えるポイントまとめマンションの仲介手数料を安く抑えるポイントまとめ

 

  • マンションを売却する際には不動産会社に依頼するため「仲介手数料」がかかる。ただし、売ることができた時にしかかからない。
  • マンション売却時に仲介手数料を値引くことは難しいため、売却を任せる不動産会社を選ぶ際に考慮することが大事。
  • マンション売却時に仲介手数料を安く抑えるポイントとしては、「安い仲介手数料を提示している不動産会社を選ぶ」、「他社にお願いすると申し立てをする」、「勤め先の福利厚生や株主優待を利用する」、「知人に直接不動産会社を紹介してもらう」の4選

確かにマンション売却時の仲介手数料は高額であり、なるべく安価に抑えたいもの。

しかし仲介手数料ばかりに集中してしまうと、より着目するべき取引金額が納得のいくものでなくなったり、サービスがあまり良くないものだったりとトータルでみた時に満足のいかない契約になってしまうことも。

仲介手数料が少し高くても、納得のいく取引が出来るよう心がけましょう。

ABOUT ME
Smoola マガジン 編集部
マンションナビを運営する「マンションリサーチ」の「Smoola マガジン」編集部です。不動産売買取引・物件売却における不安を無くしたい!そんな想いからSmoolaマガジンは産まれました。不動産鑑定士・宅地建物取引士・税理士などの不動産専門家による執筆、監修記事を発信します。
初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する