査定について

不動産売却査定で確認される3つのポイント!

不動産を売却するにあたって、まずはじめにしておくべきが査定です。自分では売却価格を予想するのが難しいいからこそ、不動産会社に依頼していることでしょう。実際に、不動産会社が、どのようなポイントで査定をしているのか。不動産売却時の査定で不動産会社が見ている3つのチェックポイント!を紹介します。

不動産査定とは

不動産売却時の査定について紹介します。

不動産を売却するためには、まず始めに「査定」をしてもらいます。査定とは、売却したい不動産をどれくらいの価格で売却ができるのか、大まかな価格を出してもらうことをいいます。

査定をしないと自分の不動産にどれほどの価格があるのかがわからず、売買価格を提示されたときになぜその価格なのか、相場より高いか低いかなど、妥当な価格を提示されているのか判断がつきません。

不動産売却査定をして、提示された査定金額を元に売却するかしないのかを検討するようにしましょう。

同じ不動産でも価格の推移は変動します。事前にご自身で価格の推移を確認してから査定をしてもらえると、なぜ提示された査定金額なのかわかるようになるため、確認してみましょう。

不動産売却する際に、査定価格を知るためには一括査定サイトもお勧めです。下記の記事で一括査定サイトのメリット・デメリットを理解した上で、不動産会社から査定をもらうようにしましょう。

不動産査定の方法とは

不動産売却の査定の方法について紹介していきます。

不動産売却時の査定には机上査定(簡易査定)と訪問査定の2つのやり方があります。

机上査定(簡易査定)とは、その名のとおり、現地に行かずに査定する方法です。

書類上の情報で査定金額を算出するため、かなり大まかな査定金額を提示されます。チェック項目としては主に、売却したい不動産のあるエリア、面積、建物が建っている場合は、築年数などが査定対象の項目となります。

インターネットや電話で気軽にできるので、いくつかの不動産会社に同時に依頼してみると良いでしょう。

訪問査定は、書類上の査定とは違い、書類でのチェック項目に追加して、不動産会社の方が実際に訪問して査定してもらう方法です。訪問することで、書類上では見えなかった日差しや土地の高低感などが見られるため、より細かい査定金額を提示してもらうことができます。

自分でも査定価格を調べる方法があります。3つ紹介していきます。

不動産取引価格から調べる

対象の不動産が過去数年間に渡りどれほどの価格で売買されてきたのかという観点から、「今年はどれほどの価格で売買されるべきか」を割り出します。国土交通省のサイトからアクセスできる「土地情報総合システム」から検索すれば、エリアごとにいくらで売買されたのか推移を見ることができます。

数年間分のデータが蓄積されているため、どのようなタイミングや期間でどれくらい価格が上昇したり降下したりしたのかが読み取れます。

公示価格から調べる

査定時には、国土交通省のサイトから飛べる「標準地・基準地検索システム」から得られるエリア別の土地の円/㎡の価格も参考にすることができます。

同じ大きさの土地でも、エリアごとに価格は異なります。「標準地・基準地検索システム」に登録されている価格は毎年国土交通省が調査をして割り出しており、多少ではありますが、毎年価格は変動しています。

路線価から調べる

道路はそれぞれ㎡ごとにいくらの価値があるのかが定められています。売却した不動産がいくらの道路にどれほど接しているかで路線価が決定します。

相続税路線価というものもありますが、不動産を売却する際には固定資産税路線価を確認されます。各市町村が出しているものなので、市役所の資産税課で確認することができます。

不動産査定の3つのチェックポイント

騙されないために知っておきたい査定の3つのチェックポイントを紹介します。

不動産査定はどのようなポイントをチェックしているのでしょうか。

複数の不動産会社に査定依頼を出したとしても、どこもチェックしているポイントはほとんど変わりません。

不動産の売却の際の査定時に見られているポイントをご紹介していきます。

不動産査定チェックポイント①:エリアの流通価値

売却したい不動産がどのエリアにあるのか、は最重要項目と言っても過言ではありません。人気なエリアなのであれば、それだけで価値があることも。

あまりにも築年数の経ってしまっている物件であれば、物件を取り壊して土地だけ売却する方が買主がつきやすく、利益が出ることもあります。

不動産査定チェックポイント②:面積や形状

不動産の売却時の査定では、面積や形状もチェックされる大きなポイントです。というのも、広すぎても狭すぎてもなかなか買い手が見つからないからです。また、あまりにも縦に長い不動産で正方形から程遠い形状となってしまうと、「建てづらそう」「暮らしづらそう」という印象を与えてしまうため、価格が低くなってしまいます。

不動産査定チェックポイント③:駅からの距離

不動産売却の査定において、駅からの距離はかなり重要です。

インターネット上で広告活動を行うにも、買い手が不動産を調べるときは駅から5分〜15分ほどの物件を優先的にみることが多いです。

そのため、あまりにも駅から距離が離れてしまう物件はなかなか価値が上がりません。

不動産売却査定を実際に出す場合は、事前に確認するポイントを押さえておくことをお勧めいたします。下記の記事を参考にして下さい。

適切な不動産会社を選ぶためには


売却を成功させるためには不動産会社選びが重要です。不動産会社選びで失敗しないためには、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

  • 専門性のある不動産会社を選ぶ

不動産を売却をする際に何をしていいかわからず、つい馴染みのある不動産会社や、CMで見たことのある不動産会社に飛び込みたくなるもの。しかし、不動産会社とひとくくりにしても、それぞれ専門とする分野は、賃貸、購入、売却と異なります。不動産会社を選ぶ際には「売却を専門とする」不動産会社を選ぶようにしましょう。

  • 両手仲介をしない不動産会社を選ぶ

両手仲介とは、不動産を売却したい人と、その不動産を購入したい人の両者の仲介に入ることです。良いとされているのは、一つの不動産に対して売主と買主がお互い違う不動産会社に仲介に入ってもらい、不動産会社同士で交渉を行ってもらえる方法です。両者はお互い全く異なる要望を持っているため、両手仲介ではどちらかが、ひいきされる恐れがあるため、避けましょう。

  • サービスが整っている

不動産を売却するにしても、なるべく条件はよく売却したいですよね。そのため、プロのカメラマンが家の中を撮影してくれたり、家具を配置してより良い空間に見せてくれたり、買取保証が付いていたり、自分にとってプラスになるサービスがどれだけあるのかを確認しておくようにしましょう。

全てホームページを閲覧すれば、ある程度は把握できる情報です。面倒かとは思いますが、なるべく多くの不動産会社を調べるようにしましょう。

不動産売却査定のチェックポイントまとめ

不動産売却時の査定で専門家が見ている3つのチェックポイントまとめ
  1. 査定とは、売却したい不動産をどれくらいの価格で売却ができるのか、大まかな価格を出してもらうことをいう。
  2. 不動産売却時の査定には机上査定と訪問査定の2パターンがある。机上査定で複数社に査定を依頼した後、絞って訪問査定をお願いするとスムーズ。
  3. 不動産の査定価格が出る前に、自分でも売却したい不動産の相場を調べておく。
  4. 不動産の査定の際にチェックされるポイントは3つ。
  5. その3つとは「エリアの流通価値」、「面積や形状」、「駅からの距離」である。
  6. 不動産の査定価格が出てきたら、売却を任せる適切な不動産会社を選ぶことが重要である。

不動産会社に任せっきりになってしまうと、安く買い取られそうになってしまっても果たして本当に安すぎるのか、それが妥当なのかの判断がつきません。自分でもどのようなポイントで、どの方な方法で査定をされているのかを確認しておくようにしましょう。

1社だけの不動産会社に査定してもらっても、それが相場から見たときにどれほどなのかがわからないでしょう。

複数の不動産会社に査定してもらって、それぞれがどれほどの価格で査定金額を出してくれるのはをチェックしてみてください。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する