内覧について

マンション売却時の内覧対応が大変といわれる3つの理由を紹介!

マンション売却時の内覧対応が大変といわれる3つの理由を紹介!

マンションの売却活動をする上で、内覧が大変であると聞いた人も多いのではないのでしょうか。確かに、マンションの売却活動での内覧活動は大変です。今回はその内覧対応が大変な理由と、それを解決するための方法を3つのポイントに分けて紹介していきます。

家を売りに出すと、購入希望者が内見に足を運んで来るようになります。自分でマンションを所有していて、現在住んでいないマンションを内見してもらう場合には、部屋のものを撤去しておくだけで基本的には問題ありません。しかし、実際にまだ生活をしているのところを他人に見られるため、気をつけたいポイントはたくさんあります。

マンションの売却活動において内覧が大変な3つの理由

マンションの売却活動において内覧が大変な3つの理由マンションの売却活動において内覧が大変な3つの理由を紹介します。

マンションの売却活動において、内覧は避けて通れない道です。内覧は工夫をすることによって、件数を減らしたりすることは可能ですが、準備に時間がかかり大変だと言われています。

今回は、マンションの売却活動において、内覧が大変だと言われている理由と対応策を3つにまとめて紹介をしていきます。

掃除・片付けが大変

掃除・片付けが大変:内覧対応が大変な理由①掃除・片付けが大変なことが理由の1つ目です。

 

まず、当然のことではありますが、マンションを内覧してもらう際には、部屋をなるべく片付けておく必要があります。

マンションを売却する際は、実際にまだ人が住んでいるケースが多いです。そのため、不動産会社もいきなり内見に購入希望者を連れて来るようなことはしないでしょう。

それでも、マンションを売りに出したら最後、家はなるべく綺麗に片付けて、いつ誰に見られても構わないよう心がけておくことをおすすめします。

水回りの掃除が大変

キッチン、お風呂、トイレなどの水回りは、定期的に手入れをしているかどうかが目に見えてわかってしまう箇所です。

水垢やカビが生えやすい場所でもあるので、念入りに全て根こそぎ落とす覚悟で掃除するよ必要があるため、特に大変と言われています。自分の家ともなると、多少水垢やかびが生えていたとしても少しずつの変化ということもあり「いつもの光景」の一部として写りますから、特に気になりません。しかし、水垢やカビが発生ししまっている状態を初めてみる内見者からすれば「汚い」という印象のみが残ってしまいます。

水回りは汚れやすいのにもか関わらず、食材を取り扱ったり、肌を直接触れさせたりしなくてはならなくなる空間です。なるべく清潔に保っておくことが重要です。

匂い消すことが大変

自宅に帰ってきて「うちの匂いは○○の匂いだ」と感じる方は少ないでしょうが、他人の家にお邪魔すると「うちとは違う匂いだな」と感じる方は多いことでしょう。

人の鼻は鈍感で、すぐに匂いに慣れてしまいます。だからこそ、いつもと違う匂いを感じたときに違和感を持ちやすいです。ゴミ置き場はゴミが置いていなくても、匂いが染み付いてしまっている場合もあります。

「今日は置いていないから大丈夫」と気を抜かず、匂いを払拭する努力をする必要があるため、大変と言われています

また、内見の際に収納の確認をしたい方も多いので、靴箱の匂いにも注意しましょう。売りに出すことは決まった時点で消臭グッズを置いて対策をしておくことをおすすめします。

特に注意が必要なのが、ペットを飼っている方です。ペットを飼っている人には、動物の匂いも家の匂いの一部となってしまい、なかなか「ペット臭」がしてしまっていることに気づけません。しかし、内見で初めて家に足を運び入れる方から「犬の匂いがするな」と感じ取られてしまうと印象がよくありません。念入りに消臭することを心がけましょう。

ホームステイジング等業者に頼んで対応する

米国でマンションなどの不動産を売却する際にはもう当たり前のように利用されるホームステイジング

マンションの売却活動をするのにおいて、より良い雰囲気の物件に見えるようにプロの手によって模様替えをしてもらえるサービスです。家の雰囲気に合った家具を置く、絵を飾るなどをしてくれます。

掃除をするのももちろん大事ですが、ぱっと見の印象も同様に大事です。購入希望者が足を踏み入れたときに一番最初に「このマンションは良い!」と感じてもらえるためにも、ホームステイジングの活用はおすすめします。

自分でおしゃれに部屋をデコレーションすることもできますが、持っている家具でなんとかしようとしても難しいです。ホームステイジングで依頼ができれば、家具や絵を貸し出してもらえたり、配置をしてもらえたりするので、第一印象を大切にしたいのであればぜひ活用してみましょう。

こちらの記事に不動産会社がどんなサービスを提供しているかの一覧表がありますので、参考にしてみて下さい。

当日の時間調整が大変

当日の時間調整が大変:内覧対応が大変な理由②当日の時間調整が内覧対応を大変にしている2つ目の理由です。

内覧にくる購入希望者の方は、物件の風通しの良さや日当たりを重視することが多いです。

マンションを賃貸する際にも方位がどうなっているのかを気にする方は多く、購入ともなると、なおさら気にする方は多いでしょう。

そのため、当日の時間調整が大変といわれているのが、理由の2つ目になります。

内見の時間は日中を指定する必要がある

どんなに日当たりの良い物件でも、日が差していなくては日当たりが良い実感を持ってもらえませんよね。

そこで、「この時間の日差しがとても良い!」という時間や、「洗濯物を乾かすならこの時間!」など、自分が推している時間帯に内見に来てもらえるよう指定をする必要があります。

購入希望者も、実際に日差しの良い時間の方が、どれだけの日差しが入るのか、どのあたりが特に日が入るのかや、どれほど明るくなるのかを体感できます。

物件の内覧は、売却したい側からすればプレゼンテーション同然ですどれだけよく見せられるかが契約に繋がるか否かと直結します。

しかし、場合によっては、11時などの早い時間帯が陽当たりが良い、14時などの遅い時間が陽当たりが良い等、マンションによって違いが生まれるでしょう。

その時間通りに内覧者との時間を調整することが大変といわれている理由です。

快適な温度設定にしておく必要がある

日差しが良いと、部屋の中が暖かくなってしまいますよね。冬場であればプラスポイントですが、夏場であれば抵抗を感じてしまう方もいることを念頭に置いておかなければなりません。

暑すぎても、寒すぎても、購入希望者からすれば物件を購入するか否かの判断基準となってしまいます。

そこで、夏でも冬でも部屋の温度を快適な温度に設定する必要があります。夏ならば半袖で内見に来た購入希望者が「涼しいな」と感じる温度、冬であればコートを脱いだ格好の時に「暖かいな」と感じる温度を目安にする必要があることが、内覧対応を大変にさせています

また、冬であれば加湿器をつけておくこともおすすめです。「ちょっと乾燥が気になる」と思われてしまうと懸念点へとなってしまう可能性があります。内見時、いかに快適に見てもらえるかがポイントとなりますので、努力をするようにしましょう。

買主に対する誠意が重要

買主に対する誠意が必要なことが内覧対応を大変にしている買主に対する誠意が必要なことが内覧対応を大変にしている3つ目の理由です。

自分がまだ住んでいるマンションに内見に来る場合、購入希望者と会話をする場面もあるでしょう。購入希望者の方が内見しているだけではわかりきれないようなポイントがあれば、会話の中で盛り込んであげる必要があります。

主にどうして購入したのか、気に入っているポイントは何か、周辺環境について話す必要があるということが内覧を大変にしている3つ目の理由です。

購入した理由を伝える必要がある

ご自身がどうして不動産を購入したのか、理由を話してみてあげるのも良いでしょう。投資用でない限り、初めて不動産を購入する方が多いです。

そこで、マンションを購入したことのある先輩の立場から不動産の購入に到るまでの話をしてあげることで、安心感を与えることができるので、整理をすることは大変ですが、準備しておくようにしましょう

また、購入希望者には見えていなかった物件の良さをアピールする場にもなるので、積極的に話してみることをおすすめします。

気に入っているポイントを伝える必要がある

また、どのようなポイントがお気に入りなのかの紹介もあると良いですね。家事の導線が良いのであれば、お伝えすることをおすすめします。

家事は毎日必ずしなくてはならないことがほとんどです。「導線なんて」と思う方もいるかもしれませんが、意外と導線があるだけで毎日の「もやっ」として気持ちがなくなることもあります。

小さいこともでも良いので、たくさんアピールできると良いですね。内覧対応は大変と言われることも多いですが、事前に準備をしておくだけで、印象も変わるポイントが多いのです。

周辺環境について話せるようにしておく必要がある

情報として、駅から徒歩何分くらいなのか、スーパーがあるのかなどの情報は提供されます。しかし、実際に住んで見ないとわからないこともたくさんあるはずです。

駅からの距離とはいえ、子どもと歩くときは余分に時間がかかったり、近くのスーパー以外に行きつけの小さい八百屋さんがあったりなど、住んでいるからこそわかることもあります。

こちらも併せて、準備をしておきましょう。

マンション売却時の内覧対応が大変といわれる3つの理由まとめ

マンション売却時の内覧対応が大変といわれる3つの理由まとめマンション売却時の内覧対応が大変といわれる3つの理由まとめを紹介します。
  1. マンションの売却活動において内覧が大変といわれている。
  2. 「掃除・片付けが大変」、「当日の時間調整が大変」、「買主に対する誠意が重要」だからです。
  3. 大変なことも多いが、事前に知っておくことで十分に対応できる内容。
  4. 対応ができてしまえば、内覧件数を減らすことができる。

購入希望者にとって、内見は家の中を実際に見られる貴重な時間です。

大変なことも多いですが、事前に知っておくことで十分に対応できる内容ですし、対応ができてしまえば、内覧件数を減らすことができます。

平均の内覧件数は5~10件といわれていますが、内覧の対応をスムーズに行うことで、1件の内覧で成約に至らせることも可能です。

内覧は、マンション売却したい側からしてもどれだけよく見せるかで契約してもらえるか否かが決まる重要な時間です。

なるべく印象をよくするために、時間、家具の配置、掃除など、徹底してこだわることをおすすめします。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する