不動産会社を選ぶときは?

不動産会社の嘘を見破る方法

不動産を売却する際には、不動産会社の仲介は必須です。サービスが良かったり、仲介手数料がなるべくやすかったり、どの不動産会社を選ぶのかはかなり重要なポイントです。しかし、それ以上にどれだけ親身になって親切に相談乗ってくれたり、一緒に対策を考えてくれる担当営業マンに対応してもらえるかが不動産売却の肝ともいえます。では、どのような担当営業マンであれば「この人に任せられる!」と信用しても良いのでしょうか。不動産売却の際に担当になってもらいたい営業マンを見極めるポイントやその嘘を見破る方法を紹介していきます。

不動産会社による「買い取り」にはリスクもある

不動産を売却する方法として一般的なのは、不動産会社に依頼して買手を探してもらう「仲介」ですが、これとは別に、不動産会社自体が買い取る仕組みもあります。これが「買い取り」です。

業者が買い取りを行う目的は転売です。中古のマンションや戸建てをピカピカにリフォームして高値で販売したり、土地を分割して分譲地として売り出したりします。一般の人が買いそうにない不動産を売りたい場合、買い取りは妥当な選択と言えるでしょう。

買い取りの場合、価格交渉がまとまればすぐに買い取ってもらえるので、不要な不動産を短期間でお金に換えたい売主さんにとっては魅力です。瑕疵担保責任も負わずに済むため、売却後の心配もありません。ただし売買価格が安くなることは承知しておきましょう。買い取り価格は一般的に相場の60%から70%程度と言われています

リベートしてくれる業者を推す営業担当者もいる

買い取りには、不動産仲介で買手を探してもらっているなかで、たまたま別の不動産会社が買いたいと手を上げるケースがあります。一般の人が買うには大きすぎる土地などでは、最初から不動産会社を対象に、販売活動を行うこともあります。

特に後者の場合、契約している仲介会社の担当者が、自分にリベートが入る買い取り業者を優先的に推してくることが珍しくありません。

リベートをくれる業者の手に物件を落とすため、あたかも100社に物件を紹介したかのような架空のリストを作って、「そのなかのベストチョイスです」と、手の込んだウソの報告をするような担当者もいると聞いています。

もちろん、そんな手に乗ってはいけません。担当者ではなく、売主であるあなたにとって、最も条件の良いオファーを選ぶべきです。担当者が何社に物件を紹介し、結果はどうなのか、必ず細かい報告を求めて比較検討してください。

・不動産会社による買い取りの利点はスピード

・買い取り価格は3.4割安くなる

・複数のオファーがあるときは、よく比較検討する

「お客様がいます!」のウソを見破る

この地域で不動産を探しているお客様がいます!

あなたのマンション、高値で買いたい方がいます!

不動産の売却を考え始めたところに、そんなチラシが入ったら気になりますよね。ご推察のとおり、これらは基本的に全部ウソです。不動産会社はどこまでも売り上げが第一主義です。次の売り上げのスタートラインとして、なんとか新しい売主さんと面会するきっかけを作ろうと、みんな必死なのです。

一度でも会えれば、「無料ですから査定だけでもしてみましょう」とたたみかけ、そこから媒介契約に持ち込もうとしてきます。「お客様がいます」は、見込み客獲得の蒔絵だと思ってください。

査定後の「お客様がいます」は、チラシよりやっかいです。査定というのは、不動産の売却に先立って、その物件の状態や条件、あるいは近隣の類似物件の売買価格などをもとに、「このくらいで売れそうだ」という価格を算出することです。

自分で売ろうとする物件の価格を把握できるので、早い段階で査定を受けておくことには私も賛成です。

不動産会社に頼めば基本的に無料でやってくれますし、複数社の査定が無料で受けられる一括査定サイトも、インターネット上にはたくさんあって便利です。

ただし、不動産会社がただで査定を引き受けるのは、それが媒介契約をとる糸口になると考えているから。査定結果を説明しながら、営業担当はさりげなくあなたに言うでしょう。
実はちょうど、この物件にぴったりなお客様がいるんですよ
十中八九はウソです。もし本当にいたとしても、高く買ってくれるお客様かどうかはわかりません。さらりと聞き流し、お引き取りいただくのが賢明でしょう。

「じゃあ、お客さんを連れてきて」と言ってみる

それでもしつこい相手には、具体的にどういうお客様がいるのか、聞いてみてください。またはこんな風に言うのも効果的です。

実はうちはB社さんに売却をお願いするつもりです。でも御社にこの家を買いたい方がいらっしゃるなら、ぜひ連れてきてください。詳しいお話しをしましょう。

そう言われて、「いや、当社に売却を任せてくれるなら、お客様を紹介できますが」と渋るなら、例によって両手仲介狙いです。いるという“お客様”も、おそらくは架空の存在でしょう。

反対に、「もちろんです!」と相手が答えるなら、お客様は本当にいるのかもしれません。両手仲介をしない不動産会社は、売主さんがどこの不動産会社と契約を結ぼうと、物件を買いたいお客様を喜んで仲介してくれます。

不動産会社様の中でも実際には自社のお客様で、たまたま売りたい人と買いたい人がいれば、両者をマッチングすることがあります、けれどもダブルで仲介手数料を取ることは一切しません。

両手仲介に血眼にならなくても、売主さんにも買主さんにも喜んでもらい、片手仲介だけで売り上げ件数を伸ばして、健全に会社を経営することはできるのです。数はまだ少ないながら、そういう会社も出てきていることを、お客様にも若い業界人にも、知ってほしいと思います。

まとめ

・不動産会社による買い取りの利点はスピード

・買い取り価格は3.4割安くなる

・複数のオファーがあるときは、よく比較検討する

・チラシは見込み客を獲得するための撒き餌

・本当にお客様がいることはめったにない

・無料査定も「お客様がいます」も、目的は媒介契約

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法