不動産会社を選ぶときは?

不動産会社は大手が良いとは限らない。見分ける方法とは。

不動産売却をするにあたって、自分では売却価格を予想するのが難しいからこそ、専門家に依頼しようと思う方は多いはず。しかし、信頼できる不動産会社に依頼をしないと、提示された査定金額に疑問を抱くことなく、低い価格で買い取られてしまう恐れがあったりと、満足に売却をできないケースもあります。騙されないために、不動産会社はどのように選ぶのかについて、ご紹介していきます。

大手・中堅・中小、それぞれに強みがある

不動産売却を考え始めた方の多くは、査定をしてもらう段階で、初めて不動産会社と本格的に接触することになると思います。

ネットでちょっと調べるだけでも、膨大な数の不動産会社が出てきますが、①売却したい物件がある地域に対応可能であること②マンション、戸建て、土地など、売却したい物件の売買に明るいことは、不動産会社を選ぶための最低条件です。

会社規模ということでは、大手、中堅、中小と3つに大別できます。

日本各地でチェーン展開する大手不動産会社は、店舗数も社員数も多く、豊富な顧客リストから買手を探しやすいのがメリットです。さまざまな保障制度やサービスも提供しており、それが安心感にもつながります。

しかし大手以外にも、地元で厚い信頼を得ている中堅の不動産会社、高い志や発送力で新風を吹き込む中小の不動産会社と、優れた会社は多数あります。

土地と戸建ての売買に強い、中古マンションの売買をたくさん手掛けているなど、得意分野で独自性を発揮する会社も多いので、その点に注目して、自分のニーズに合う会社を選んでも良いでしょう。

ネットや広告からの情報だけでは、どういう会社か判断しづらいという場合は、近くに店舗があれば、実際に足を運んでみるのも良い考えです。

店内が整理整頓されていない、社員が来客に挨拶をしない、でかでかと売り上げのノルマが張り出されている、落ち着いて商談ができる個室の用意もない…こういう会社は、詳しく話を聞くまでもなくアウトでしょう。

ネット系の不動産会社には注意が必要

査定を依頼する選択肢に、地元の不動産会社を加えるのも良いと思います。
しかし、インターネットが普及した現在、土地に根差した不動産会社にこだわる意味は、実はあまりありません。

レインズをきちんと使えば、小さな地域に限定せず、条件の良い買手を広く探すこともできるからです。

最近は不動産業界にも、ネット系の会社が出てきています。手数料の定額制や手数料無料などを打ち出していて魅力的ですが、保障面や営業担当者の質など、わからない部分が多いのは気になるところです。

なかには、問題の多い両手仲介に挑戦して、片手仲介を専門とする不動産会社もあります。ただ、売手の立場に立ち、買手と接点を持たないようにするあまり、買手の気持ちや住宅ローンの現状がわからないなど、知識や経験値が不足していることも少なくありません。有効な販売戦略が立てられない可能性がある点には、注意が必要でしょう。

以上をすべてまとめると、査定を依頼する際には、印象がいいなと思う大手を1社と、特徴が異なる会社を数社、合わせて3社から5社くらいに依頼してみることをお勧めします。単に査定金額を比較するというだけでなく、やりとりを通じて各社の個性や好感度も確認できると思います。ネットの一括査定サイトを利用する方も、依頼をする前に各社の情報や評判が見られますので、十分参考にして選択してください。

・安定の大手、独自の強みを持つ中堅・中小

・査定は、特徴が異なる数社に頼むと良い

不動産会社選びは、担当者選びでもある

不動産会社選びには、担当者選びという側面もあります。自分に合う不動産会社選びとは、一言で言うと「会社×営業担当者」の掛け算なのです。

大手でも、営業担当者によって経験値は全く異なります。どんなに素晴らしい会社でも、実際に営業担当者と接してみて、能力に疑問がる、態度が悪いなど、あなたの評価がゼロだとしたら、掛け算の答えもゼロ。

納得できる担当者に代えてもらうなどしない限り、その会社を媒介契約の相手として選んではいけません。営業担当者が優秀であなたとの相性も良好なのに、会社自体が信頼性に欠けるような場合も、総合評価は低くなります。

両手仲介か、片手仲介か、囲い込みをしないか、どんな形で物件情報を告知してくれるのかなど、気になることははじめに確認しておきましょう。「御社は囲い込みなどしないでしょうね?」と念を押すだけでも、相手にプレッシャーをかけることができます。
この売主さんは侮れないと思えば、担当者は緊張感をもって、販売活動に取り組んでくれるでしょう。

よい営業担当者かどうかを見分けるポイント

簡易査定を終えて、あなたのもとを訪れた営業担当者は、物件を見てあなたの話を聞きながら、自分ならこの物件をどう売っていくか、頭の中でどんどんプランニングがわいてくるはずです。このように会って話をする中で、なるほどと思う提案があったり、気を付けるべき点を丁寧に説明してくれたり、素直に質問に答えてくれたりと、親身に対応してくれるのがよい営業担当者です。

自分が買主さんを見つけて両手仲介を成立させたいという下心から入る営業担当者は、売主さんに値下げをさせるためのトークに傾きがちです。良心的には担当者なら、できるだけ高い値段で、少なくともあまり値下げせず、なおかつ確実に売却するために、「まずはこういう準備からはじめましょう」などと提案してくれます

売主さんも営業担当者も同じ人間同士ですから、話をしていてなんとなく相性がいい人を選ぶというのも合理的な判断基準です。

反対に波長が合わない相手とのご縁は、そこで切ってしまってかまいません。これから売却が完了するまで、長い場合は1年以上お付き合いをするかもしれないのですから、担当者との相性は思いのほか重要です。ここで断ったら悪いのではないか、相手が気を悪くするのではないかなどと、気にする気にする必要はまったくありません。

担当者の見た目も非常に重要です。スーツはヨレヨレ、靴はボロボロで、お世辞にも清潔感溢れるとは言えない担当者が、お客様にあなたの物件の説明をしているところを思い浮かべてみてください。

一流のホテルやブランドショップのスタッフは、決してくたびれた格好で二と前に出てきたりはしません。不動産会社の担当者は、それ以上の高額商品を販売するのです。売主さんだけでなく、未来の買主さんからも信頼される身だしなみが、どれほど重要かは想像に難くないと思います。

まとめ

・安定の大手、独自の強みを持つ中堅・中小

・査定は、特徴が異なる数社に頼むと良い

・囲い込みをしないことを、契約前に確認する

・担当者の態度や身だしなみも要チェック

・希望や目的を共有してくれる担当者を選ぶ

できるだけ優秀な担当者についてほしいと思うのは、すべての売主さんの当然の願望です。しかし“できる営業”ほど抱えている案件が多いため、担当してもらったのはいいけど、なかなかあなたの物件にまで手が回らず、後回しにされてしまうこともあり得ます。

大切なのは、自分と同じ方向を向いてくれる営業担当者を選ぶことです。「同じ方向を向く」とは、どういうことでしょうか。

売主さんの希望や事情は、一人ひとり様々です。とにかく高く売ってほしいという人、何が何でも指定期日までに売却しなくてはという人、売却に出していることを周囲に知られたくないという人。どんな希望や事情があってもよいのです。不動産を売るのはあなたなのですから。

あなたが不動産取引を通じてかなえたい要望、一番大切にしていること、この不動産取引で成し遂げたいこと、解決したいことを、どうぞ営業担当者に伝えてください。その言葉にきちんと耳を傾け、意向をくみ取ったうえで販売活動に取り組んでくれる担当者こそ、「あなたと同じ方向を向いてくれる」担当者、あなたにふさわしいパートナーです。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法