不動産会社を選ぶときは?

不動産会社ランキングトップ5!売却を任せる会社の選び方

不動産会社の売上ランキングトップ5

不動産を賃貸するにも、購入するにも、売却するにも、個人ですべて手続きをすることは難しく、必ずと言って良いほど不動産会社に仲介に入ってもらいます。取引を進めて行くためのパートナーとも言える不動産会社選びは、不動産取引をする上で最も重要であると言っても過言ではありません。数ある不動産会社の中から最適な不動産会社を見つけるためには、どうすれば良いのでしょうか。不動産会社の売上をランキング形式で紹介しながら、不動産会社の選び方について説明して行きます。

ランキング形式で不動産会社を紹介


はじめに、どのような不動産会社があるのかを売上順にランキング形式で5社紹介していきます。売上が良いからと言って、ご自身の取引に最適な不動産会社とは限りませんが、一定の基準を示すものとして知っておくと良いのではないでしょうか。

不動産会社の売上は主に「仲介手数料」から成り立っています。

そのため、売上を見ることでどれほどの仲介手数料が発生したのか、すなわちどれほどの件数の取引を仲介したのかを知るための指数となります。

結果は最新の2019年度のものとなります。

1位:三井不動産

売上高:1兆8611億円

2位:飯田グループホールディングス

売上高:1兆3449億円

3位:住友不動産

売上高:1兆132億円

4位:東急不動産ホールディングス

売上高:9018億8400万円

5位:野村不動産ホールディングス

売上高:6685億1000万円

売却を得意とする不動産会社とは

売却を得意とする不動産会社の選び方売却を得意とする不動産会社の選び方を紹介

 

不動産売却を強みとしている不動産会社は、どのような特徴を探していけば適切な不動産会社が見つかるのでしょうか。

  1. 売却に必要なサービスが整っている
  2. 売却の実績がある
  3. どんな広告手法を使うかが明確
  4. 囲い込みをしない

上記の3点を基準に不動産会社を探すと、「売却」を得意とする不動産会社に巡り会えます。

売却に必要なサービスが整っている

不動産売却が初めてのことであると、どのようなプロセスをどのようなタイミングで進めたら良いのか、何が必要なのか、どうすれば売却が成功しやすいのか、わからないですよね。

そのため、売却において最低限しておいた方が良いこや、しておくことで売却しやすくなるようなポイントを不動産会社の方で抑えてもらえると助かるでしょう。

例えば、売却する不動産を紹介するための写真はプロのカメラマンが撮影してくれたり、生活感を消すために家具を預かってくれたり、おゃれな小物で雰囲気を出してくれたり、などの集客をするためのサービスが充実している不動産会社を選ぶようにしましょう

不動産の写真は言ってしまえば宣材写真です。なるべくおしゃれな雰囲気で撮影することで、人の目に止まりやすくなり、売却成功へと近づけます。

さらに、売却後のアフターフォローのサービスも心強いのではないでしょうか。なかなか不動産が売却できない場合には不動産会社側で不動産を買取してくれる買取サービスもおすすめです。転勤などと言った事情で売却に期限が設けられている方はかなり救われるのではないでしょうか。

売却実績がある

どんなに売上高の高い不動産会社であっても、それがすべて賃貸契約で成り立っているようでは、売却に向いている不動産会社とは言えません。

不動産会社を選ぶときには、「取引実績」を見ることはもちろんですが、「過去の取引事例」を読んでみることをオススメします。

不動産会社のホームページは読み込めばどのような実績を積んで来たのかが比較的わかりやすく掲示されています。面倒かとは思いますが、実績は必ず見るようにしましょう。

どんな広告手法を使うかが明確

不動産を売却する際には当然ではありますが、広告活動をする必要があります。

  • 不動産情報サイトへの掲載
  • 近隣地域でのチラシ広告
  • 不動産会社がすでに抱えている顧客への紹介
  • 不動産会社の自社サイトやネットワークでの広告展開
  • レインズへの登録

不動産屋がどのように広告をしようとしているのかを確認しておきましょう。

囲い込みをしない

不動産会社の売上のほとんどが仲介手数料から成り立っています。そのため、不動産会社としては一つの不動産の取引の売却側の仲介にも、購入側の仲介にも入ることによって二倍の仲介手数料を獲得することができます。

しかし、一般的には売却側と購入側には別々の不動産会社が仲介して、両方の言い分を不動産会社を介して言い合えるようにします。

不動産を売却する人と、購入する人は全く別の考え方をしており、そのどちらの要望も、一社で叶えようとするのは無理な話です。

囲い込みをしてどちらからも、仲介手数料を取ろうとしている不動産会社に依頼をしてもらうと、何かと取引相手の意見を優先されてしまう場合もあります

不動産屋の選び方について詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

 

売却を得意とする担当者とは

売却を任せるべき担当者とは売却を任せるべき担当者とは

対して、売却を任せる不動産会社の担当者はどのようなポイントを見極めれば良いのでしょうか。

  1. エリアでの売買実績がある
  2. 専門性の必要な知識がある
  3. 提案力がある
  4. 買主のイメージを伝えてくれる

上記3点に注目しながら、不動産会社の担当者を選ぶと、売却をよりスムーズに行えます。売却の注目ポイントは、不動産営業マンによって異なるポイントとなるため、不動産会社自体はもちろんですが、人に注目する必要があります

エリアでの売買実績がある

不動産を売却するということは買い手を探してきてもらうことになります。

そのため、買い手に「この駅は便利」、「近所の環境が良い」など、地域の話ができる担当者が大事です。どんなに良い物件でも、周辺環境を満足に納得してもらえなければ購入には至りません。

逆に、物件に満足していなくても、周辺環境の良さをアピールでき、良さが伝われば購入に繋がるのです。

そのため、より詳細に周辺環境の説明をしてもらうためにも、エリアでの勤続年数の長い担当者であることが理想となります。

不動産の担当者に聞きにくいうであれば、ホームページから確認することもお勧めです。

専門性の必要な知識がある

不動産を売却する際に、担当者専門性を見極める場合は、資格を確認するという方法がお勧めです。

担当者からもらう名刺には、資格が書いてあります可能性が高いです。担当者の名前+不動産会社名でインターネットで検索すると、ホームページに担当者の詳細情報が書いてあることも多いでしょう。

宅地建物取引主任者の資格は当然ではありますが、所有しているマンションを売却する上で、状況にあった資格を持っているかどうかを確認しましょう。

例えば、買い替えの場合ですは、住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーの資格を持っている方の場合、お金やローンの相談が可能になります。

他にも、マンション管理士や管理業務主任者、任意売却取扱主任者、ホームインスペクター、ホームステージャーなどの資格は不動産を売却する上で有効な資格になります。

提案力がある

実際に不動産を売却する上で、提案力、すなわちどのような価格で売り出すのか、どれくらいの期間がかかるのかは始めに知っておきたい重要なポイントです。

もちろん、相場よりも安く売り出せば、早く売ることができる可能性が高まりますし、相場よりも高く売り出せば、期間は掛かりますが、手元に残るお金も増えることになります。

自分が不動産を売却する目的に照らし合わせて、売出価格と売り出し期間を担当者に相談するようにしましょう。

買主のイメージを伝えてくれる

「どんな方なら購入してくれるだろうか」とターゲットを絞って売却活動を進めることで安心して売却活動を進めることができます。

購入実績の多い担当者に任せることができれば、どのような方をターゲットにするのが良いのか、決めてもらえ、よりスムーズに売却を実現することができます。

また、質問や相談に早く返信をくれる不動産会社の方が、売却をよりスムーズに進めることができます。

レスポンスが早いだけで、機会を逃さないで済むため、相談や質問がある際にはなるべく早く問いかけをし、返信をなるべく早くもらいましょう。

不動産会社ランキングと会社の選び方まとめ

売却を任せる不動産会社の選び方売却を任せる不動産会社の選び方まとめ
  1. 不動産会社の売上高ももちろん重要であるが、何よりも重要なのは自分の不動産に合ったサービスを持った不動産会社であるかどうかを確認すること。
  2. 不動産会社を選定する際に確認するポイントは、売却に必要なサービスが整っているかどうか、売却の実績があるか、どんな広告手法を使うか、囲い込みをしないかどうかの4点。
  3. 不動産会社だけではなく、担当者についても、エリアでの売買実績があるかどうか、専門性の必要な知識があるか、提案力があるか、買主のイメージを伝えてくれるかの4点を確認する。

上記では、不動産会社の売上高をランキング形式で紹介しました。しかし、不動産会社の良し悪しは売上高で決定するものではありません。

大手の不動産会社を選ぶべきタイミングがあれば、そうでなく地元に根付いている中小の不動産会社を選ぶべきときもあります。

自分の希望の取引に一番あっている不動産会社を選ぶことが何よりも大切です。「とりあえず」と決めてしまわないで、よく見極めて決めましょう。

ABOUT ME
Smoola マガジン 編集部
マンションナビを運営する「マンションリサーチ」の「Smoola マガジン」編集部です。不動産売買取引・物件売却における不安を無くしたい!そんな想いからSmoolaマガジンは産まれました。不動産鑑定士・宅地建物取引士・税理士などの不動産専門家による執筆、監修記事を発信します。
初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート

私のマンション実際売ったらいくらなの?

【60秒】で無料査定する