媒介契約について

専任媒介契約が向いてるケースは何か?3つのケースを説明します

不動産売却をする際、必ず結ばなくてはいけないのが媒介契約。媒介契約といっても、「一般媒介契約」、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」の3種類があります。それぞれ契約内容が大きく異なるため、自身の不動産を売却するにあたり、なるべく早く売却するために一番ふさわしい契約方法を用いるのが良いとされています。「専任媒介契約」を用いるのはどのような場合なのでしょうか。「専任媒介契約」が向いているケースを紹介していきます。

専任媒介契約とは?

不動産売却をするために結ぶ媒介契約には、「一般媒介契約」、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」の3種類があります。

「一般媒介契約」では、複数の不動産会社で売却活動ができ、なおかつ自身で買い手を探し、不動産会社に介入してもらうことなく売買契約を結ぶことができます。

「専属専任媒介契約」は、1社の不動産会社でのみ売却活動ができ、自身で買い手を探して来ることができない、3種類の中で最も制限のある契約です。

「専任媒介契約」とは、1社の不動産でのみ売却活動ができるものの、自身で買い手を探すこともできるため、一般媒介契約と専属専任媒介契約の良いところを持ち合わせる契約方法となります。自身で買い手を探せるものの、不動産会社は1社としか契約ができないため、不動産選びは慎重にすることが重要です。

専任媒介契約を結ぶことをおすすめするケース


1社の不動産でのみ売却活動ができ、自身で買い手を探せる専任媒介契約は、どのような場合に結ぶのが良いのでしょうか。専任媒介契約を結ぶのみおすすめのケースを3つ紹介していきます。

信頼できる不動産会社を見つけられた場合

「専任媒介契約」を結ぶのにおすすめなケースの1つ目は、信頼できる不動産会社を見つけられた場合です。

「専任媒介契約」では、1社の不動産会社で売却活動をするため、契約を結んだ不動産会社がどのように広告を打ったり、売却するためのサービスを提供してくれたり、活動してくれたりするのかが売却の鍵を握ります。そのため、信頼感を抱けない不動産会社と専任媒介契約を結んでしまうと、「思っていたように売却活動をしてくれない」、「広告のセンスがなく集客できていない」などの悩みを抱えることになるでしょう。

どんなに他の不動産会社で契約を結びたくても、契約期間は他の不動産会社で契約を結ぶことができません。多くの専任媒介契約は3ヶ月は契約期間ではありますが、納得のいく不動産会社と契約が結べないとお金も時間も無駄にすることになってしまいます。

よほど「ここに任せたい!」と思える不動産会社と出会えない限り、損をしないよう専任媒介契約は控えた方が良いかもしれませんね。

長期戦になることが予想される物件の場合

「専任媒介契約」を結ぶのにおすすめな2つ目のケースは、不動産物件の売却活動が長期戦になることが予想される場合です。「一般媒介契約」の場合、複数の不動産会社が売却活動をしてくれますが、「うちで売却活動をしても他の不動産会社で契約されてしまうかもしれない」というリスクがあるため、「専任媒介契約」に比べると積極的な売却活動をしてもらえることが見込めません。

需要の高いエリアの不動産だったり、よほど良い物件で、売却活動をしなくても勝手に買い手が見つかってしまうような不動産物件でない限り、売却活動を十分にしてもらえないとなると売主としては満足できないでしょう。特に、人気の薄いエリアの不動産、古い物件、欠点のある物件など、売却活動が長期的になることが見込まれる不動産である場合には、「専任媒介契約」を用いて積極的に売却活動をしてもらえる環境を整えることをおすすめします。

一般媒介で販売していたが進捗が悪い物件の場合

「専任媒介契約」を結ぶのにおすすめな3つ目のケースは、「一般媒介契約」を結んでいたものの売却の進捗が悪い場合です。媒介契約の契約期間は多くの場合が3ヶ月であり、3ヶ月経っても売却できなかった場合には「契約を更新する」、もしくは「契約を変更する」のどちらかの方法をとる必要があります。ずっと一般媒介契約を結んでいたものの、思うように売却できなかったり、進捗が悪い場合には契約更新のタイミングで「一般媒介契約」から「専任媒介契約」に契約を変更してみることをおすすめします。

「一般媒介契約の方が複数の不動産会社に売却活動をしてもらえるから早く売却できそう」というイメージを持っている方もそう少なくありません。しかし、「専任媒介契約」であれば、1社の不動産会社とはいえ、「一般媒介契約」よりも積極的に売却活動をしてもらえます。もちろん、「一般媒介契約」同様自身で買い手を探し続けることもできます。

不動産会社を信頼できるかどうかを見極める


「専任媒介契約」を結べる不動産会社は1社だけです。「一般媒介契約」よりも比較的積極的に売却活動をしてもらえるのは確かですが、そのような売却活動をしてくれるのかは不動産会社次第であることを念頭においておきましょう。「この不動産会社に任せられるのか」ということを考慮しながら不動産会社を選ぶ必要があるため、信頼できる不動産会社なのかどうかをしっかりと見極められるようにしましょう。

不動産会社の実績が自身の売却したい不動産と合っているのかどうかや、売却活動の様子をホームページなどでしっかりと確認するようにしましょう。売却をより効果的に進められるためのサービスが充実しているのかどうかの確認も合わせてしておくことをおすすめします。

自分自身の物件についても正しく理解することが重要

自身の売却したい不動産に合っている不動産会社を見つけるためには、まずは自身の不動産がどのような物件であるのかを正しく理解する必要があります。チェックしておくべきポイントとしては、以下です。

・人気のあるエリアかどうか
→人気がある:大手不動産会社でもOK
→人気がない:地域密着型不動産会社の方が好ましい
・戸建かマンションか
・リフォームの有無

自身の不動産がどのような不動産なのかをわかっているだけで、不動産会社に求めるべきポイントを絞ることができます。

まとめ

・媒介契約の種類を正しく把握する

・専任媒介契約を結ぶことをお勧めする3つのケースは
①信頼できる不動産会社を見つけられた場合
②長期戦になることが予想される物件の場合
③一般媒介で販売していたが進捗が悪い物件の場合

・信頼できる不動産会社を見極め、専任媒介契約でスムーズに売却をする

不動産を売却する際に必ず結ばなくてはいけない媒介契約。より多くの不動産会社に売却してもらえる一般媒介契約と違い、専任媒介契約では1社の不動産会社とのみ契約が結べ、売却活動をしてもらえます。「1社でのみの売却活動は不安」と感じる方もいるかもしれません。しかし、場合によっては専任媒介契約の方が好ましい場合もあるため、自分の不動産がどのような不動産なのかどうかをしっかりと見極めて媒介契約を結ぶようにしましょう。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる会社にまとめて査定依頼。わずか45秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

私のマンション実際売ったらいくらなの?

マンガでわかる500万円高く売る方法